【知的好奇心を高める方法】子供の好奇心を育てるなら1歳から図鑑を見せよ!

子供の知的好奇心を高める 絵本の読み聞かせ
子供の好奇心って、どうやって伸ばせばいいの?

あなたもこんな疑問をもっていませんか?

 

子供を賢くするには、好奇心を育てればいい!と言われています。

でも、具体的にどうすればいいのか分かりませんよね…。

そんなときは、『図鑑』をつかってみましょう!

 

なつ
なつ

わたしもこれまで、恐竜や魚や宇宙や花など、たくさんの図鑑を3歳の娘に見せてきました。

そのおかげか花や動物の名前も、興味をもって覚えることができています!

 

この記事を読めば、

  • 図鑑の効果
  • 初めての図鑑の選び方

が分かります!

 

『字も読めないし、図鑑はもう少し大きくなったらでいっか…』と先延ばしにするのはもったいです!

 

好奇心旺盛な子は、自然と自分で分からないことを調べるようになります。

 

ぜひ1歳や2歳など早い時期から、図鑑で世界を広げてあげましょう♪

 

なつ
なつ

子供に図鑑に興味をもたせる方法も紹介しますね♪

0歳から楽しめる!おすすめの図鑑はこちらから♪

0歳や1歳の赤ちゃんもわかりやすい!初めての図鑑におすすめ11選!
初めての図鑑におすすめなものを紹介します。とくに『1歳頃におすすめの図鑑』を中心に好奇心や興味がわく図鑑を紹介します。動物や魚、食べ物や乗り物など、初めてでも子供が楽しめて何度も見返したくなるものを集めました。

 

 

スポンサードリンク



幼児に図鑑をおすすめする理由と3つの効果

絵本を読まない原因

図鑑は、子供の脳に大きな成長をもたらせると言われています。

だからこそ『好き・嫌い』が自分で判断できる前から身近に置いて、親しませてあげてほしいんです。

 

しかも子供のころから図鑑を読んでいると、

①自分で努力するようになる
文字や数字への興味が湧いてくる
③理系の力が伸びる

の3つの効果が期待できるんですよ♪

 

図鑑の効果①自分で努力するようになる

賢い子って、努力を努力と思わず続けることができるんです。

 

なぜそんなことができるのかと言うと、『好奇心』が大きく関わっています。

 

なつ
なつ

たとえば子供が花好きで、図鑑をよく眺めていたとします。

すると小学校で『おしべ・めしべ』について学んだときも、他の子が『おしべってなに?』と聞いているなか、図鑑を読んでいた子は『あっ!知ってる』と分かるようになります。

 

こういった体験を繰り返すなかで、知りたい意欲がどんどん湧いてきたり、勉強が好きな子になっていくんですよ。

 

とはいえ図鑑の中って、知らない言葉がたくさん出てきますよね。

でも『まだこの子には難しいかな…』なんて思う必要はありません。

 

そのまま見せてあげたり、噛み砕いて教えてあげればいいんです♪

 

なつ
なつ

うちの娘は恐竜が好きです。

でも図鑑で知らない恐竜がでてきても、全部読むようにしています。

もちろん最初は分からなくても、『恐竜って種類がいっぱいいるんだ…』と分かれば、それでいいんです。

 

そしてもっと大きくなったときに、記憶の中で思い出せればそれで十分だと考えています。

 

図鑑の効果②文字や数字の興味が湧いてくる

図鑑が身近にあると、文字への興味も湧いてきます。

図鑑って『知りたい!』と思える『しかけ』がたくさんありますよね。

 

絵や写真を見るだけでも楽しいですが、そこに書いてある名前や説明も読みたくなってしまいます!

 

『これって、なんて書いてるの?』『なんて読むの?』と文字や数字への興味が湧いて、世界を広げることができるんですよ。

 

図鑑の効果③理系の力が伸びる

図鑑って

  • 動物
  • 昆虫
  • 恐竜
  • 宇宙

など自然や科学がテーマになっていますよね。

 

なつ
なつ

つまりたくさんそろえていくと、自然な形で理系の世界に興味がもてるようになるんですよ♪

 

図鑑が好きな子になる習慣や4つの方法

絵本の読み聞かせはいつから

図鑑を見ることを習慣にするためにも、

①親が楽しそうに読む
②遊びの中で図鑑をつかう
③大人が好きなことに巻き込む
④教えてね!と頼む

の4つで、図鑑を見ることを習慣にしていきましょう!

 

親が楽しそうに読む

好奇心旺盛なのに、伸びること伸びない子。

この差は、親が『図鑑とリアルな世界を結びつけてあげられるかどうか』が関係していると言われています。

 

図鑑は読み聞かせてもいいし、一緒に眺めているだけでもいいです。

 

とはいえせっかく図鑑を与えても、子供が興味を示さなかった…なんてこともありますよね。

 

そんなときは、あなた自身が楽しそうに図鑑を読んでみましょう♪

なつ
なつ

小さい子って、すぐ親のマネをしますよね(笑)

だからあなたが図鑑を読んでいれば、自然と子供も図鑑を一緒に見るようになるんです。

 

大切なのは、『親も図鑑が好き』ということが子供につたわること。

ぜひ1日5分でもいいから、大人も図鑑に触れる時間をつくってみましょう。

 

遊びの中で興味をもたせる

子供って散歩に行くと、葉っぱや虫など何にでも興味をもちますよね。

 

そのときに『何の葉っぱか調べてみよっか』と声をかけて、写真にとったり持ち帰って、一緒に図鑑で調べてみましょう。

 

なつ
なつ

つい『早くして!』と急かしたくなりますが、時間があるときはゆっくり付き合ってみるのも面白いですよ。

リアルな世界と図鑑を結びつけると、子供の好奇心もより育ってくるし、記憶はさらに強くなります。

 

ぜひ、

  • 電車が好きなら、カメラや時刻表をもたせてみる
  • 花が好きなら、虫眼鏡や色水を一緒につくってみる
  • 恐竜が好きなら、恐竜のフィギアや博物館に連れて行ってみる

など図鑑と一緒に、好きなものに関連ある遊びや道具を用意してみましょう。

 

子供の好奇心を伸ばしてくれますよ♪

 

なつ
なつ

うちの娘は恐竜が好きなので、フィギアを買ったり博物館に連れて行ったりしています♪

ブラキオサウルスのことを『ぶしゃしゃしゃすー』と一生懸命叫んでいる姿が可愛かったです。

 

大人の好きなことに巻き込む

子供って、大人のマネが大好きですよね。

だったら、大人の興味のあることに子供を巻き込んでみましょう。

 

『この言葉は知らないはず』『これは難しすぎるかな』と制限する必要はありません!

 

なつ
なつ

子供は大人の想像以上に会話の内容や体験から、多くのことを学んでいますから♪

 

教えてね!と頼む

忙しくて一緒に図鑑が見れないときは、

『これはなんというお花かな?』

『分かったらママに教えてね!』

と頼んでみましょう。

 

頼まれごとをすると、子供も『ママに教えてあげなきゃ!』と一生懸命、図鑑を眺めるようになりますから♪

 

図鑑の選び方や増やし方のポイント

図鑑が子供の知的好奇心を伸ばすと聞くと、何冊も買い与えたくなりますよね。

 

でも同じシリーズを一気に買うより、興味のあるものを買い足していくスタイルの方がおすすめです。

 

一気に買いそろえてしまえば、もし子供が読まなかったとき

『なんで読まないの?』『もっと読んでよ!』

と押し付けモードになってしまうかもしれません…。

 

なつ
なつ

押し付けられたと感じたら、子供も拒否してしまいますよね。

だから図鑑を買うなら、1冊見終わってから、

  • 興味がありそうなものや続編を買う
  • 子供と一緒に選ぶ

方法で買い足していくと、子供も『自分で選んだ図鑑だ!』と愛着をもってくれますよ。

 

子供って『葉っぱに興味がある時期』や『恐竜に興味がある時期』など、興味はその時々で変わっていきます。

 

だから、興味に合わせて図鑑も買いそろえていく方が、生きた図鑑の使い方ができるようになるんですよ♪

 

子供の知的好奇心を高める方法まとめ

なにかに興味を持ったり突きつめていくと、文字や数字など他の分野も伸ばすことになります。

 

好奇心をもった分野は図鑑を買ってあげて、どんどん知的好奇心を高めていきましょう。

 

それに『分からないことは図鑑で調べればいいんだ!』と知っていれば、学ぶ楽しさは一気に広がります♪

 

ぜひ子供の『なんで?』『知りたい!』という気持ちを伸ばせるよう、ぜひ1歳など早い時期から『図鑑』で学べる環境をつくってあげましょう♪

 

 

0歳から楽しめる!おすすめの図鑑はこちらから♪

0歳や1歳の赤ちゃんもわかりやすい!初めての図鑑におすすめ11選!
初めての図鑑におすすめなものを紹介します。とくに『1歳頃におすすめの図鑑』を中心に好奇心や興味がわく図鑑を紹介します。動物や魚、食べ物や乗り物など、初めてでも子供が楽しめて何度も見返したくなるものを集めました。

 

 

▼図鑑もついて学べるワークはこちら▼

まなびwith幼児コース無料お試し体験と口コミ!3歳も興奮○○がお得すぎ!
『まなびwith』は資料請求すると、無料でお試し教材を試すことができます。まなびwith幼児コースの教材をお試したので内容や感想を紹介します。まなびwithの教材は3歳児のくいつきがいいシールやDVDでの学習。 なので初めて学習する子供にピッタリです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました