1歳児も笑うおすすめ絵本!かわいい【しかけ絵本】で子供心をつかめ!

絵本を習慣にする効果 絵本の読み聞かせ

絵本の読み聞かせをしたいけど、まだ1歳だから最後まで集中できない…。

どうしたら絵本に興味をもつの?

1歳からでも楽しめる絵本ってどんなもの?

ひとり歩きもできて、自分の世界がどんどん広がる1歳児。

でもまだじっとできない年齢なので、絵本の読み聞かせをしても飽きたり、どんどんページをめくってしまうため、なかなか難しいですよね…。

 

落ち着いて絵本を見たり集中するのが難しいとき、わたしは『しかけ絵本』や『笑える絵本』を集中的に読んでいました。

効果はテキメン!

一緒に遊びながら本が読めるので、最後まで読み聞かせができるようになったんです♪

 

今回はわたしがつかって良かった、1歳から楽しめる『笑える絵本』や『しかけ絵本』を中心に紹介します。

ぜひ、1歳児の絵本選びの参考になさってくださいね♪

 

スポンサードリンク



1歳におすすめの絵本の選び方

赤ちゃんの絵本の読み聞かせのコツ

1歳の赤ちゃんは、好奇心が強くなり自我もでてきます。

たくさん動き回る時期なので、絵本を習慣にできるよう、1日5分でもいいので読み聞かせをして絵本好きになってもらいましょう♪

しかもこの時期は、「まま」「まんま」「わんわん きた」など簡単な言葉も話せるようになりますよね。

言葉はコミニュケーションや考える力に欠かせないもの!

 

なかでも絵本の読み聞かせは、目や耳を刺激します。

言葉を吸収するこの時期にたくさん絵本を読んで、『言葉の貯金箱』をいっぱいにしてあげましょう♪

 

なお絵本を習慣にする方法は、下の記事でまとめているのでぜひ♪

読み聞かせ効果が大なしになる悪習慣3つ!子供を絵本好きにするコツはたった5つ!
絵本の読み聞かせの効果はあるのかないのか!3年間毎日読み聞かせを続けて感じた効果と、読み聞かせを習慣にする工夫を5つ紹介します。1日5分でも絵本の読み聞かせを続けていくと、子供は本を読むことが苦にならなくなってくれますよ。

赤ちゃんも笑う!1歳からおすすめの絵本5冊

0歳の赤ちゃん絵本効果

1歳ごろの絵本は、同じ言葉を繰り返したり、文が短いものが読みやすくておすすめです。

内容はあるけど、短くて分かりやすいものを選んであげると、楽しめて読めますよ♪

絵や色味も、明るいものや優しいものを選んであげましょう。

 

どんどこももんちゃん

『ももんちゃん』シリーズは間違いないです!

『どんどこどんどこ、ももんちゃん〜』と繰り返しの言葉が多く、文も短いので、すぐに読めますよ。

絵もかわいいので、楽しく読み聞かせができる1冊です♪

 

くっついた

金魚がくっついたり、ぞうさんがくっついたり、パパやママともくっつく絵本です。

『くっついた!』といいながらほっぺをくっつけると、子供もニコニコしてくれますよ♪

なつ
なつ

うちの娘は、ページをめくる前にためてから『くっついた!』というと、いつもゲラゲラ笑ってくれていました(笑)

 

まるまるまるのほん

めくったりする『しかけ本』ではありませんが、『まるの絵』を押したり本をゆすると、まるで『まる』が転がったり動いていく感覚を楽しめる絵本です。

一緒に『まる』をピッ!と押すとキャッキャと娘も興奮していました(笑)

なつ
なつ

初めて読んだときは、絵本ってこんな作り方があるんだ〜!とわたしも感動した絵本です♪

 

ノンタンこちょこちょこちょ

ノンタンシリーズは、ほとんどそろえました♪

中でも『ノンタンこちょこちょこちょ』は、ノンタンがこちょこちょするときに娘もいっしょにくすぐりながら読んでいたので、大笑いしながらよく読んでいましたよ♪

スキンシップしながら読める楽しい1冊になっています♪

くだものだもの

『バナナはなんばん?ななばんよ〜』など、だじゃれでくだものの名前が覚えられます♪

 

絵も可愛くて、耳でも目でも楽しめる絵本です。

なつ
なつ

うちの娘も、この本でくだものの名前を楽しく覚えられましたよ♪

 

 

1歳からおすすめ人気のしかけ絵本6冊

絵本の読み聞かせはいつから

しかけ絵本は、ページをめくったり触りながら一緒に楽しめます♪

遊びながら楽しめるので、子供も集中してくれ、読み聞かせの時間が大好きになってくれますよ♪

ふあふあだあれ?

さわって遊べるふわふわ布の絵本です。

これは『おしり』こっちは『おなか』など、からだの名前と場所も一緒に触りながら覚えられますよ♪

なつ
なつ

娘は、この絵本を見るだけでテンションが上がっていました(笑)

図書館の本はみんなが触るのか薄汚れていることが多いので、新たに購入したほうが心置きなく触らせられますよ♪

コロちゃんはどこ?

ママがコロちゃんを探しながら、ドアやピアノの中を探す絵本です。

ページをめくってコロちゃんを探すので、指先もつかえて楽しみながら読める『しかけ絵本』になっています♪

 

いろ 赤ちゃんの脳を育てるBABY TOUCH

1ページが分厚く破れる心配もないので、好きなだけ触らせていました♪

『ふわふわ』や『ぽこぽこ』など手で触りながら感触が楽しめるしかけになっていて、色や動物の名前も覚えることができますよ。

 

 

ページをめくると、動物がペコリとあいさつしてくれる絵本です。

わたしは『お出かけ版』を購入して、外出するときには一緒に持ち歩いていました。
小さくて破れないので、とても便利でしたよ♪

だーれのおしり?

子供って、おしり大好きですよね(笑)

この絵本は、動物のおしりやしっぽがたくさん出てきます。

なつ
なつ

娘は『だーれのおしり?』と言うまえに、つぎつぎページをめくって楽しんでいました♪

うしろ姿から動物を想像するので、クイズみたいに遊べますよ♪

 

やさいさん

『やさいさんだあれ』と呼びかけてページをめくると、土の中の野菜が顔を出します。

ちょこっとしかみえてない葉っぱや実から、子供もなんの野菜か考えられる、楽しい1冊になっています。

なつ
なつ

大人も、大根とカブでだまされますよ(笑)

 

 

まとめ・1歳からおすすめ!笑える絵本としかけ絵本

絵本は繰り返し読んであげると、子供が言葉をどんどん吸収してくれます。

まずは子供が興味を持ってくれるように、『笑いながら読める絵本』や『しかけ絵本』をつかって、絵本の楽しさを実感してもらいましょう♪

今回紹介した絵本は、娘や友達の子供もくいつきが良かったので、あなたもぜひ手にとってみてくださいね♪

 

ただ自由に動き回るこの時期は、手に持ったものは何でも口の中に入れます。

とうぜん絵本も舐めたり破ることもありますから、図書館で借りた『しかけ絵本』を持たせるときは、注意した方がいいと思います…。

なつ
なつ

うちは図書館で借りた本を破ったことがあるので、気に入ったものは購入して、好きなだけ触らせるようにしていました…。

 

気に入った本は自由にどんどん触らせてあげて、子供の世界を広げていきましょう♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました