【お手伝い表の項目】3歳4歳5歳年齢別の決め方とやる気アップの秘策

お手伝い表の項目 子供のお金の教育
3〜5歳くらいの子のお手伝いって、どんなものがあるの?
何から始めさせたらいい?

って、悩みますよね。

 

なつ
なつ

わたしは娘が3歳のときから、家のお手伝いをさせています^^

 

さらに4歳になってからは、お手伝いをしたらお小遣いを渡す『給料制』にして、
『お金の勉強』もさせているんですよ^^

 

なつ
なつ

やってみて分かったんですが、『給料制』ほんと良きです^^

ここでは、

  • 年齢別、お手伝いの項目
  • お手伝いを『給料制』にするメリット

について紹介します!

 

一人暮らしになっても苦労しないよう、
なんでもやりたがる3〜5歳ころから、お手伝いを習慣化しましょう^^

 

お手伝いをしたらお小遣い表に○で、4歳でも楽しくお金の管理ができた!
お手伝いをしたらお小遣いを渡したり、お小遣い表に記入するメリットを紹介します。給料制にする前の決め事や、子供に説明する手順を順番に紹介します。

 

スポンサードリンク



【お手伝い表の項目】お手伝いを始める2つのタイミング

お手伝い表の項目

お手伝いをさせようと思っても、どのタイミングで始めたらいいか迷いますよね。

迷ったときは、2つのタイミングで始めるといいですよ^^

 

なんでもやりがる時

家事をしていると『○○ちゃん(くん)もやる!』と近づいてくること、ありますよね。

 

なつ
なつ

お手伝いしたがったら、チャンスです!

とくに小さな子はなんでもマネしたがるので、
このチャンスを逃さないように、そのまま『お手伝い制』を始めましょう^^

 

『また今度ね!』と断ってしまえば、

  • 子どもがやりたいタイミング
  • 親が手伝ってほしいタイミング

が合わなくなってしまいます。

 

だからここは、子どものタイミングを優先させましょう^^

 

なんでもねだる時

誕生日やクリスマス以外に

『○○が欲しい!』

『買って!買って!』

とねだってきたら、お手伝いの『給料制』を始めるチャンスです!

 

そのときはぜひ、

『お手伝いをしたらお小遣いを渡すね!それで好きなものを買っていいよ』

と説明してみましょう。

 

不思議なもので子どもって、自分のお金になったとたん、
使い方が慎重になったり、考えて使うようになるんです^^

 

その結果、

  • 『買って!買って!』のわがままが減る
  • 責任感をもってお手伝いできる
  • お金の教育になる

とメリットだらけなんですよ^^

 

子供のお小遣いいつから渡す?決めておくべき6つの約束・ルールはコレ!
子供のお小遣いいつから渡す?いつから始める?平均的に小学校1年生から始める家庭が多いです。しかしある条件をクリアできるなら幼稚園児からお小遣いを始めてもいいと思うんです。お小遣い制を始めるときに決めておきたい約束も紹介します。

 

【お手伝い表の項目】3歳4歳5歳ができるお手伝い

子供のお小遣い平均

お手伝いの項目は、

  • 親が『やってほしい!』と思うこと
  • 子どもが『やりたい!』と思うこと

が、バランス良く入るようにするといいですね^^

 

なつ
なつ

親が一方的に決めるのではなく、
できれば話し合って決めると、責任感も生まれます^^

 

お手伝いの内容は、

  • 年齢
  • 能力
  • 生活リズム

によって変わりますが、一つの目安としては、

子どもの年齢=お手伝いが終わる時間

とすると分かりやすいですね^^

 

たとえば4歳なら『4分以内で終わるお手伝い』とすると、選びやすくなりますよ^^

 

【〜3歳】お手伝い表の項目

  • まぜたり、こねたりする簡単な料理
  • 洗濯機のスイッチを入れる
  • 炊飯器のスイッチを入れる
  • テーブルを拭く
  • 食器を運ぶ
  • 新聞をとってくる
  • 玄関の靴を揃える
  • カーテンを開ける
  • お風呂の栓を抜く

 

【3〜4歳】お手伝い表の項目

  • お箸やお皿を並べる
  • 洗濯物(タオルや靴下)をたたむ
  • 卵を割る
  • 簡単な物(豆腐など)を包丁で切る
  • ゴミ箱のゴミを集める
  • 植物の水やり
  • 床などの拭き掃除
  • ペットのえさやり

 

【4〜5歳】お手伝いの項目

  • テーブルをふく
  • 洗った食器を拭く
  • ご飯をよそう
  • おかずの盛り付けをする
  • ベッドを綺麗にする(布団をしまう)
  • 洗濯物をたたむ
  • 洗濯物をしまう

 

【5歳〜】お手伝いの項目

  • お米をとぐ
  • ピーラーをつかう
  • 炒めものを混ぜる
  • 食器を洗う
  • 食器を片付ける
  • お風呂掃除
  • シューズを洗う

 

 

なつ
なつ

幼稚園が始まると、子どもは一気にできることが増えます^^

 

『複雑なお手伝い』や『時間がかかるお手伝い』もできるようになるので、
様子をみながら増やしてみましょう^^

 

 

【お手伝い表の項目】どこまでやるか決める

子供のお小遣い渡すタイミング

お手伝いの項目が決まったら、どこまでやればいいのか『ライン』を決めましょう^^

 

なつ
なつ

子どもって、お手伝いを『部分的』にしか捉えていません。

 

だから、『洗濯物をたたむ』でも、
あなたと子どもが、同じようなお手伝いをイメージしているとは限らないんです。

 

子どもは、1枚たためば終わり!と考えているかもしれません。

 

でもあなたは、タオル類は全部たたんで欲しい!思っています。

 

なつ
なつ

これでは、お互いのゴールが違うままですよね。

 

だからこそ、

『このお手伝いは、どこまですればいいか』

は、きちんと説明しておきましょう^^

 

もしお小遣いの『給料制』を考えているなら、
『どこまでやればいいか』は、絶対に話し合っておきましょうね^^

 

 

【お手伝い表の項目】決める時や決めたあとの注意点

子供の金銭感覚を養う

項目を増やし過ぎない

一度にいろんなことを頼むと、子どもはお手伝いが嫌になったり飽きてしまいます。

 

最初は1つか2つずつからやらせてみて、できそうなら数や種類を増やしていきましょう^^

 

失敗しても怒らない

最初は食器を割ったりこぼしたりと、危なっかしいことばかり。

 

でもそこで

『ダメ!』

『危ない!』

『違う!』

と言ってしまえば、子どもの気持ちを傷つけてしまうし、
張り切っていた気持ちも沈んでしまいます…。

 

なつ
なつ

危なっかしいしハラハラしますが、これは誰でも通る道!

 

失敗を重ねながら上達していくので、ここは『仏の気持ち』で見守りましょう^^

 

なつ
なつ

それにある程度できるようになると、
逆に親の方が助けられますから^^

 

内容を見直していく

できることが増えたりお手伝いがうまくなったら、『内容』も見直していきましょう^^

 

とくに夏休みなどの長期休みは、子どもも自由な時間が増えますよね。

 

なつ
なつ

生活リズムも変わるので、家の仕事を見直すチャンスですよ^^

 

 

お手伝いでお小遣いをあげるメリット

なつ
なつ

せっかくお手伝いを始めるなら、『給料制』も導入してみませんか?

お小遣いを渡すと、『仕事』としてお手伝いに取り組むようになります。

 

その結果、

  • お金の勉強になる
  • 責任感がうまれる
  • 工夫することを覚える

などメリットも多くなるんですよ。

 

子供のお金の教育はいつから?4歳児に実践中!お金の知識の増やし方
子供へのお金の教育はどうすればいいの?いつから始める?何歳からどんなふうに始める?という疑問にお答えします。我が家では4歳からお金の教育を始めました。子供にお金の教育をするときの注意点や意識しているポイントを紹介します。

 

 

とはいえ

『お手伝いでお小遣いって…なんか抵抗ある…』

『お金をもらえないと、お手伝いをしない子になりそう…』

という不安もありますよね…。

 

でも、お手伝いのお礼にお小遣いを渡すことは、

  • お金をきちんと扱えるようになる
  • 責任感を学ぶ

ことになります^^

 

それに、

『大人が仕事をしてお金をもらうように、
あなたは「家の仕事」という責任を果たすことで、お小遣いがもらえるんだよ』

と、きちんと子どもに説明していれば、
『お手伝い=お金』と思い込んだりしませんから^^

 

大人の『仕事』と同じようにあつかってあげれば、
お手伝いは子どもの生活の一部になります!

 

しかも

  • 時間配分
  • やり方

など、自分で工夫するようになるんですよ^^

 

『給料制』にする最大のメリットは、

  • 責任感
  • 考える力が育つ

ことだと、わたし自身感じています^^

 

 

ボーナスもたまにはあり

『欲しいものがあるけど、お小遣いだけじゃ足りない…』

なんてときは、子どもに他のお手伝いを与えて、
ボーナスをもらうチャンスをつくってあげましょう^^

 

『ボーナス』という、目に見える形で評価すると、

『一生懸命働いたら、そのぶん評価される』

ということを学ぶキッカケになりますし、お手伝いのモチベーションアップになりますから!

 

▼お小遣いの渡し方とタイミングはこちらが分かりやすいのでぜひ^^▼

子供のお小遣いの渡し方とタイミングは?定額制のメリット・デメリット
子供のお小遣いの渡し方やタイミング、その都度渡すか定額制で渡すことのメリット・デメリットを紹介します。子供のお小遣いは定額制で渡した方がお金の管理ができるようになります。その理由を紹介します。

 

 

お手伝いへのやる気なくなった時の対処法

子育て自信ない

お手伝いへのやる気がなくなったり、決めた内容が守れなくなったら、
話し合いをするタイミングです^^

 

それでも改善しないときは、一旦お手伝い制はお休みしましょう。

 

つい

『お小遣い減らすよ!』

『なんで約束守れないの!』

と言いたくなりますが、それでは意味がありません。

 

なつ
なつ

子どもから『続ける!』と、言い出すのを待ちましょう^^

 

それにもし兄弟がいれば、早めに『続けたい!』と言ってくるでしょう。

兄弟がお小遣いをもらっているのを見ると、羨ましくなるからです^^

 

兄弟がいない場合でも、お小遣いがないと欲しいものが買えないので、
ほとんどの場合は、自分からやる!と言ってきてくれるはずですよ^^

 

 

なつ
なつ

それに本来子どもは、だれでもやる気があるもの。

気分がのらないときはそっとしておいて、気が向いてきたらまた再開しましょう^^

 

家の手伝いをしない・嫌がる子供を素直にお手伝いする子に変える方法
家の手伝いをしない・嫌がる子供を素直にお手伝いする子に変える5つの方法を紹介します。家の手伝いをしないときは、お手伝いをしたらお小遣いを渡す『給料制』を導入しましょう!お金の教育とお手伝いが同時にできるメリットを紹介します。

 

 

お手伝い表項目まとめ

お手伝い内容を決める一つの目安は、

子どもの年齢=お手伝いが終わる時間

とすると、分かりやすいですよ^^

 

一人暮らしになったとき苦労しないよう、
ぜひなんでもやりたがる3〜5歳ころから、お手伝いを習慣化してみましょう。

 

さらに『お小遣い制』を取り入れると、一緒にお金の教育もできるのでおすすめですよ^^

 

 

お手伝いをしたらお小遣い表に○で、4歳でも楽しくお金の管理ができた!
お手伝いをしたらお小遣いを渡したり、お小遣い表に記入するメリットを紹介します。給料制にする前の決め事や、子供に説明する手順を順番に紹介します。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました