お手伝いをしたらお小遣い表に○で、4歳でも楽しくお金の管理ができた!

お手伝いとお小遣い表 子供のお金の教育
我が家では4歳の娘に、お手伝いをした報酬として、お小遣いを渡しています。
なつ
なつ

結論から言えば、この『給料制』システム、やってみて良かったです!

 

その理由は、4歳なりに

  • お金の仕組み
  • お金の価値
  • 1番欲しいものか考えるようになった

など、お金について考える良いキッカケになったからです^^

 

我が家では、

1つのお手伝い=5円

と決めて報酬を渡し、お小遣い表に記入していくスタイルをとっています^^

 

なつ
なつ

表にすることで、目に見えてお金が貯まっていくのが嬉しいみたいです^^

 

なにより、進んでお手伝いするようになったので、導入して正解でした^^

 

ここでは、我が家が実践している

  • 『給料制』の始め方
  • お小遣い表の作り方

を紹介しています^^

 

お手伝いをしたらお小遣いを渡す『給料制』を考えているなら、ぜひ参考になさってくださいね^^

 

 

スポンサードリンク



お手伝いをしたらお小遣いを渡す前にすること

4歳からのお金の教育方法

『給料制』を始めるにあたって、我が家では娘と次のことを決めました^^

しっかり契約する

『給料制』を導入するにあたり、まずおこなったことは、しっかり娘と契約することです。

 

仕事の契約をするかのように、2人で向かい合って座り

 

『今日から、お手伝いしてくれたら『ありがとう』の気持ちでお金を渡そうと思います。
このお金を貯めて、欲しいって言ってた指輪を買ってみようか。どうかな?』

 

と説明しました。

 

娘は今、150円のプリンセスの指輪を欲しがっています。
なので『お給料』を貯めて買わせてみよう!という作戦です!

 

なつ
なつ

契約するときは軽いノリで話さず、しっかり目を見て話しました。

 

すると『いいよ〜!』という返事。

 

4歳なりに

  • 『指輪を買う』という明確な目標
  • 特別な存在の『お金』をもらえること

は分かったようなので、快諾でした!

 

 

お手伝いの金額を決める

お手伝いの金額は、1回5円と決めました。

 

なつ
なつ

5円にした理由は、欲しがっていた指輪の値段が150円だったからです。

 

1日1回お手伝いをすれば、1ヶ月で目標額の150円を稼ぐことができますよね。

 

また1日2回お手伝いすれば約2週間で達成できるので、
成功体験を経験するには、ちょうど良い額だと判断しました。

 

なつ
なつ

ただ、5円を大量に用意するのは大変なので、画用紙で5円玉をつくってそれを貯めてもらってます^^

お小遣いとお手伝い表

目標の金額がたまったら、本物のお金の両替する…というシステムにしています^^

 

お手伝いの内容を決める

 

なつ
なつ

お手伝いの内容は、一緒に決めました^^

 

『やって欲しい仕事をその都度頼む』という方法も考えたのですが、

  • やらされている感ではなく、主体的に動ける子になってほしい!
  • 『自分で決めた!』という前向きな自信や、最後までやるという責任感を感じてほしい!

 

という気持ちから、お手伝いの内容は一緒に決めました^^

 

お手伝いの内容は、

・なにか包丁で切る
・洗濯物を干す
・洗濯物をたたむ
・食器をさげる
・お箸の準備
・布団をひく

に決めました。

 

なつ
なつ

このどれか1つでもやってくれたら、1回5円を支払う…という仕組みです^^

お手伝いの『数』に関しては、歳の数だけやらせましょう!という考え方もありますよね。

 

でも我が家では、娘が『やりたくない!』と言ったときに別の選択肢を与えるため、
あえて数を多くしてみました。

 

またお手伝いの内容は、

『家族の誰かが助かることをする』

という基準で決めています。

 

だから、

  • おもちゃを片付ける
  • 幼稚園の服をしまう

など自分のことに関しては、お手伝いとしてカウントしないことも説明しました^^

 

 

お手伝い表をつくる

報酬だけ渡していても、いくら貯まったかパッと確認しにくいですよね。

 

なつ
なつ

そこで『お手伝い表』を一緒につくって、冷蔵庫に貼ることにしました^^

 

お手伝いをして5円受け取ったら、表に『○』を書いていくシステム^^

 

お手伝いごとに項目を分けようかとも考えましたが、『ゴールが明確な方が4歳には分かりやすいかな…』と考え、
『すごろく』みたいにゴールに向かっていく表にしました^^

お手伝い表

 

『○』が30個たまったら目標金額になるよ!と教えたので、
『○』が増えていくのも楽しそうです^^

 

 

給料を渡す時は感謝を伝える

わたしは娘に

『お金=労働の対価』

というイメージを持ってほしくない!と思っています。

 

なつ
なつ

それはなぜか。

 

『お金=労働の対価』になってしまうと、お金を稼ぐことが

  • 嫌なこと
  • 苦しいこ

イコールになる恐れがあるからです。

 

お金って、本来『感謝の対価』ですよね。

 

自分が働くことで、誰かが

  • 幸せになる
  • いい情報が得られる
  • 健康になる
  • 心が豊かになる

など、感謝の対価として受け取るものです。

 

だから娘にお給料を渡すときは、目をみて

『○○してくれたママ助かりました♪ありがとうございました』

 

と言って手渡すようにしています^^

 

自発的に動けたら報酬アップ

同じお手伝いでも、自分から動けたらプラス5円の報酬をあげることにもしました。

 

その理由は

 

  • ご飯の準備が始まったら、お箸を持っていく
  • パパの食べ終わったお茶碗を流し台にもっていく

 

など、

『○○したら助かるかも!』

『つぎは○○する順番だ!』

と周りの状況から判断して、自分がどう動けばいいか考えた!ということを評価したかったからです。

 

 

なつ
なつ

先を見て行動できる力って、仕事や生きるうえで、とても大切ですよね!

 

だから自分から動けた場合は、報酬をプラスするようにしています^^

 

 

お手伝いでお小遣いを貯めるメリット

子供へのお金の教育方法

子供にお金を渡すと、

『早くから子供にお金を渡したら、無駄遣いしてしまわない?』

という心配もありますよね。

 

でも『給料制』の良いところは、もし使ってしまっても、
お手伝いをしないとお金が稼げないことです。

 

お小遣い制のように、決められた日になったら無条件でお金が手に入ってしまえば、

  • お金の使い方を考える
  • 本当に欲しいものか考える

ことなく使ってしまいます。

 

なつ
なつ

これじゃ、お金の勉強はできませんよね…。

 

話はそれますが、

わたしの友人に、子供がほしがっていときにお金を渡してい子がいるんです。

 

その結果、友人の子は、

『お金ってどこからか勝手に湧いてくるもの!』

と思うようになりました。

 

なつ
なつ

お金を稼ぐ経験をしてないと、こんな勘違いをしてしまうんです(汗)

 

でも、給料制にして『お小遣い表』をつけておけば、

  • 目標金額までお金を貯める
  • 貯まったお金をつかう

と、自分で管理できるようになります^^

 

 

もちろん子供ですから、親から見たら『無駄遣いなんじゃないの?』というお金の使い方もすると思います。

 

なつ
なつ

でも、実際にお金を使ってみないと、無駄遣いかどうか本人にも分かりませんよね。

 

だから

  • お金の仕組み
  • お金の管理方法

は繰り返し教えますが、何に使うかは基本的に任せることにしています^^

 

それに、自分で一生懸命貯めたお金ですから、4歳なりに慎重につかっている気がします^^

 

 

なつ
なつ

なにより今は『お小遣い表』が『○』でいっぱいになるのが楽しいようです^^

 

 

お小遣いか給料制かで子供の意識も変わる

子供にお金の意味を教える教育

なつ
なつ

『給料制』にしてから、娘の『お手伝いへの意識』も変わった気がします。

 

給料制にする前は、『洗濯物干すの手伝って〜』と言っても『ヤダー!』と言われることも多かったのですが、

 

給料制にしてから『洗濯物干すお仕事して〜』というと『分かった〜!』と率先してやるようになりました^^

 

洗濯物を干すお手伝いでも、娘なりに『仕事』としてやっているので、
前より丁寧にハンガーにかけられるようになっています^^

 

報酬をもらえるのももちろんですが、『仕事』と言うと、
4歳なりに『誰かの役に立っている!』という自覚もあるようです。

 

なつ
なつ

でも、まだ4歳。

 

お手伝いを嫌がるときもあります。

 

嫌がったときは、

  • 他の仕事を提案する
  • 時間をおいてもう一度お願いする

など、気分がのったら手伝ってもらうよう様子をみています^^

 

なつ
なつ

無理をさせて、お手伝い自体が嫌になっては意味がありませんからね。

まぁ今は、『指輪を買う』という明確な目標があるので、少し休んでも次にはまたお手伝いできています^^

 

なお、お手伝いを嫌がるときは、こちらに対策をまとめています^^

家の手伝いをしない・嫌がる子供を素直にお手伝いする子に変える方法
家の手伝いをしない・嫌がる子供を素直にお手伝いする子に変える5つの方法を紹介します。家の手伝いをしないときは、お手伝いをしたらお小遣いを渡す『給料制』を導入しましょう!お金の教育とお手伝いが同時にできるメリットを紹介します。

 

 

 

お小遣いは給料制の方がおすすめな理由

子供へのお金の教育

我が家がお小遣いでなく給料制にした理由は、海外のお小遣い事情を知ったからです。

 

たとえばアメリカには、

『お小遣いは労働の対価として受け取るべき』

という考え方が根底にあります。

 

だから

  • レモネードを売ってお金を得る
  • よその家の犬の散歩や芝刈りをして報酬を得る
  • お手伝いをして報酬をもらう

ことも珍しくありません。

 

 

なつ
なつ

このようにアルバイトのように自分でお金を稼ぐことで、経済のしくみやお金の仕組みを学んでいるんです。

 

またイギリスには、『ノージョブ・ノーマネー』という考えが基本にあります。

 

だから子供たちも

  • 部屋の掃除
  • 洗濯
  • ベッドメイキング

をした対価で報酬をもらっているんです。

 

ちなみにお金の使いみちは、おもちゃやお菓子が多いみたいです。

 

なつ
なつ

これは世界共通ですね!

 

日本のお小遣いのように、無条件で毎回お金を渡していると

 

  • お金の価値
  • お金の仕組み
  • お金の流れ

を考える機会がありません。

 

でも海外のように、ただお小遣いを渡すのではなく給料制にすることで、お金に対して考える時間を作ることができます。

 

 

なつ
なつ

だから我が家も、海外の考え方に共感をし、お給料制を導入することに^^

 

でもまだ4歳。

お給料制の意味を、きちんとは理解していません。

 

しかしお手伝いをして

  • 『ありがとう!助かったよ!』とい受け取る5円
  • お小遣い表に『○』を書き込む瞬間

は、とても嬉しそうです^^

 

 

お手伝いをしてお小遣いを渡す・表を作るメリットまとめ

お金の教育に、『給料制』を取り入れるのはおすすめです。

 

無条件で与えられるお小遣いより、家族の役に立って得られたお金の方が、子供なりに重みがあるようで、

  • 使い方
  • 1番ほしいものは何か

を考えられるようになります^^

 

お手伝いをしたときは、お小遣いを渡すと同時にお小遣い表もつくってみてください^^

 

ゴールを明確にしてあげるとモチベーション高く、お金を稼ぐことを楽しんでくれますよ♪

 

▼お金の教育におすすめ絵本も紹介します!▼

【お金の教育】4歳・5歳向けお金の絵本!子供におすすめ8冊を紹介!
子供にお金の教育を始めるなら『お金にまつわる絵本』がおすすめです。4歳や5歳向けのお金の絵本を紹介します。絵本の読み聞かせでお金の価値や使い方が分かってくるため、お金の教育に絵本はおすすめです!読みやすい8冊のお金の絵本を紹介します。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました