【子供のお金のしつけ】4歳5歳でもお小遣いの貯金習慣が身につく意外な方法

子供のお金のしつけ 子供のお金の教育

子どもの金銭感覚を育てるなら、幼稚園や小学生から『お小遣い制』を導入しましょう!

 

なつ
なつ

でもお小遣いを渡すだけでは、『お金のしつけ』としては不十分…!

金銭感覚を養うには、お小遣いの中から貯金する習慣を身につけることが、
大切なんですよ^^

 

『お金のしつけ』をするなら

  • お小遣い制
  • 貯金

をセットで教えるのが鉄則!

 

なつ
なつ

でも子どもって、なかなか言うこと聞いてくれませんよね…。

 

安心してください^^

4歳や5歳からできる、飽きずにお小遣いを貯金するコツを紹介しますね^^

 

 

スポンサードリンク



【子供のお金のしつけ】貯金の習慣は家で教えよう

子供のお金のしつけ

お金の勉強は学校では教えてくれません。

もちろん、大人になれば勝手にできるものでもありませんよね。

なつ
なつ

だから『お金のしつけ』は、家庭でおこなう必要があるんですよ。

『お金のしつけ』で大切なことは、

  1. 貯金の意味や方法を教える
  2. 貯まったお金をつかわせてみる

こと。

 

もちろん親が『子どものために…』と、
勝手にお年玉や臨時収入を貯金するのは、『お金のしつけ』からすると意味がありません。

 

なぜなら、

  • 管理者は親なので、子どもは『自分のお金!』という意識がない
  • どのくらい貯まっているか分からない

ので、お金に対して興味を持ちにくくなってしまうからです。

 

なつ
なつ

だから貯金は、子ども主体で経験させることが大切なんですよ^^

 

しかも小さい子の場合、貯める期間が長くなると貯金に飽きてしまいます。

だからある程度貯まったら、欲しいものを買わせてみてほしいんです^^

 

一生懸命貯めたお金で欲しいものを買う経験は、ワクワクのドッキドキ!

感情が揺さぶられます!!

 

なつ
なつ

感情が動くと『お金』に対して、
もっと興味を持つようになるんですよ^^

 

『貯金しなさい!』といくら言葉で言っても、なかなかうまくいきません。

 

だからこそ、貯金した先にある『ワクワクする未来』を早めに体験させてほしいんです。

ワクワクを経験するほど、貯金に前向きに取り組めるようになりますから^^

 

 

【子供のお金のしつけ】貯金の意味や目的・メリットを教えよう

子供のお小遣いいつ渡す

貯金は、子どもの生活を充実させるための手段!

なつ
なつ

だから『お金を貯めること』だけを教えても苦痛だし、
長続きしないんです…。

 

貯金のメリットやワクワク感がイメージできるよう、次のことをやってみましょう^^

 

 

貯金の目的を明確にする

『貯金』を習慣化させるためにも、

『何のための貯金をするのか』

を、説明しておくことが大切です^^

 

なつ
なつ

ただ漠然と『将来のため』と説明しても、
子どもはチンプンカンプン…!

 

でも、

『○○を買うぞ!』

『○○に行くぞ!』

など明確な目標があると、貯金にも熱がはいるし、モチベーション高く取り組めますよね^^

 

なお年長さんや1年生など小さい子には、『言葉』で説明するより、

『100円玉10枚貯まったら、リカちゃんのドレスが買えるよ!
どんな色にしようか?♪』

など、貯金することで手に入る未来をイメージさせてあげると、
前向きに貯金に取り組めるようになりますよ^^

 

なつ
なつ

途中で飽きてしまわないよう、
『目標』は何度も確認しあいましょう。

 

貯まったらつかう体験をさせる

子どもの貯金はずっと貯めておくのではなく、
欲しいものがあるときは、引き出してつかうようにしましょう。

 

なつ
なつ

とくに小さい子の場合は、貯金期間は短くしたほうがいいです!

忘れた頃や飽きたころに使わせては、お金を使う意欲も嬉しさも半減してしまいます。

 

だから最初は長期保管せず、ある程度たまったら、引き出してつかわせてみましょう!

 

『リカちゃんの服を買う!』と貯金をしていたのに、
つかう時期を失ったり買いそびれてしまえば、
ワクワク体験ができなくなり、貯金への意欲が下がってしまいますから…。

 

 

待つことを覚えさせる

貯金が習慣化すると、

  • 商品を慎重に吟味できるようになる
  • 無駄遣いしなくなる
  • 欲しいものの優先順がつけられる
  • 先の楽しみのために耐えることを学ぶ

など、金銭感覚が身に付きやすくなります。

 

貯金のメリットは、すぐにお金が取り出せないこと。

 

貯金箱から取り出すのも手間がかかるし、
金融機関に預けておけば、引き出すまでに時間がかかりますよね。

 

この『間』によって、本当に欲しいものか考えたり、
衝動買いを抑えることができるんですよ^^

 

なつ
なつ

テレビやCMって、子どもを誘惑したり、
飛びつきたくなるトラップばかり…。

 

自分の欲求をコントロールできないと、浪費家になってお金で苦労してしまいます。

 

だからこそ『貯金』を通して、子どもに『待つ』ことを教えましょう^^

 

目標を決めていれば他に目移りしにくいし、欲求もポジティブに我慢することができますから^^

 

【子供のお金のしつけ】お小遣いを貯金する具体的な方法

お小遣いの使い道

『貯金』といっても、お小遣いのあげ方によって方法も変わります。

 

必要なときにお小遣いを渡してる場合

貯金するためには、お小遣いの中でやりくりすることが大切です。

 

でも、必要なときにお小遣いを渡すシステムでは、貯金が難しいですよね。

 

100円のモノを買うために、100円もらっているんだから、とうぜんお金は余りません…。

 

なつ
なつ

このときの解決策は2つです!

 

1つは、貯金用のお金も一緒に渡すこと。

 

この方法は、小さい子やお小遣いが少額のときに有効です。

たとえば100円を要求してきたら、110円渡して、

『10円は貯金箱に入れるんだよ』

と、貯金できるように工夫します。

 

なつ
なつ

毎回貯金箱にお金を入れさせることで、貯金が習慣化するキッカケになります^^

 

貯金の楽しさを実感させるためにも、
最初は貯金分のお金も考慮しながら、渡してあげるといいですね!

 

 

もう1つは、『定額制』や『給料制』のお小遣い方法に切り替えること。

 

毎回お小遣いをあげる方法では、なかなか貯金できません。

 

だからタイミングを見て、お小遣いは『定額制』にすることをおすすめします^^

 

なつ
なつ

なお、お小遣いのあげ方については、
こちらで紹介しているのでぜひ^^

子供のお小遣いいつから渡す?決めておくべき6つの約束・ルールはコレ!
子供のお小遣いいつから渡す?いつから始める?平均的に小学校1年生から始める家庭が多いです。しかしある条件をクリアできるなら幼稚園児からお小遣いを始めてもいいと思うんです。お小遣い制を始めるときに決めておきたい約束も紹介します。

 

 

定額制のお小遣いの場合

定額制でお小遣いを渡している場合は、まとまったお金が渡されるので、貯金しやすくなります^^

 

なつ
なつ

最初に貯金分をとって、残りのお金でやりくりできるので、
お金の管理がうまくなります^^

さらに、

『○○を買うために2ヶ月間お金を貯めよう!』

など、計画的にお金をためることができるのもメリットです♪

 

お年玉など臨時収入

お年玉などの臨時収入は、貯金を学ばせるいいチャンス^^

 

でも毎月あるものではないので、臨時収入だけで貯金の練習をさせるのは難しいですね…。

 

なつ
なつ

だからまずは、
お小遣いの中で貯金できる環境を整えてあげましょう^^

【子供のお年玉】幼稚園からできる管理と貯金術でお金に困らない子にする!
子供のお年玉の使い方や管理方法・貯金するのか全額使うのかなど考え方を紹介します。幼稚園の子でもお年玉のような大金を使わせることで『お金の教育』をするキッカケになるんですよ。

 

 

【子供のお金のしつけ】貯金の預け先3つ

子供にお金の意味を教える教育

子どもの貯金の場合

  • 貯金箱に貯める
  • 親が預かる
  • 金融機関に預ける

の3つの方法でお金を貯めることができます^^

 

貯金箱に貯める

貯金箱のメリットは

  • 貯まった額を自分で管理しやすい
  • 手元にあるのでモチベーションが上がる
  • 引き出すのが預金より簡単

なこと^^

 

ただ、ずっと貯めておいても代わり映えしないので、ある程度貯まったら、

  • 金融機関にあずける
  • 欲しいものを買わせてみる

など、お金を動かす体験をさせましょう♪

 

 

親が預かる

自分でお金の管理ができない子は、親が預かってあげましょう^^

 

なつ
なつ

親が預かっておけば、失くしたり
間違ってつかう心配もありませんから^^

 

預かるときはぜひ、『いくら預けたか』をお小遣い帳などに記録させましょう^^

 

なつ
なつ

記録しておくことで、どのくらい増えたか分かるし、
貯金のモチベーションにもつながりますから^^

 

もしまだ字が書けないときは、カレンダーに『○』など印を書くよう
提案するといいですよ^^

もちろん親も、預かったお金を封筒などに入れ

  • 日付
  • 金額

を書いて大切に保管しましょう^^

 

なつ
なつ

途中で勝手に使ってしまう…なんて絶対にダメですよ^^

 

【子供のお小遣い帳】おすすめ品と選び方!習慣化させる方法も紹介!
子供のお小遣い帳の選び方やおすすめお小遣い帳。お小遣い帳を無理なく習慣化させる方法を紹介します。お小遣い帳を習慣にすると親も子供もメリットがたくさんなので、ぜひ参考になさってくださいね!

 

金融機関に預ける

お金を自分で管理する意味では、金融機関にあずけるのも良い経験になります^^

 

自分の通帳がもらえるし、微々たるものですが利息がついて、お金が増える経験もできますから^^

 

それに『貯金しなさい!』というより、通帳を持たせるほうが、
貯金に興味も持つし、前向きに貯金するようになりますよ^^

 

通帳をつくったりATMをつかうという、
親に預けるのとはまったく違うワクワク感を、体験させてあげましょう^^

 

 

【子供のお金のしつけ】貯金が楽しくなる工夫

4歳からのお金の教育方法

なつ
なつ

欲しいものを我慢してお金を貯めるって、子どもにとったら楽しくないですよね…。

 

そんなときは

  • 貯める楽しさを教える
  • 貯めたお金を使わせる

ことを意識して、モチベーションをあげるといいですよ^^

 

使う楽しさを経験させる

貯めるだけの貯金では、子どももつまらないし、お金の教育になりません。

 

子どもの貯金は、貯めることが目的ではなく、
ワクワクするモノや経験のために、一時的に貯めておくもの!

 

なつ
なつ

だから貯めたお金を使う楽しさを、どんどん経験させましょう!

 

  • 欲しかったものを買う
  • 誰かのプレゼントを買う
  • 体験につかう
  • 寄付する

 

など、貯金をつかう楽しさを経験することで、また貯める意欲も湧いてきます^^

 

これが分かると、何気なくお金をつかうことが減り、
誘惑を我慢できる子になるんですよ^^

 

長期保管は避ける

子どもの貯金は、あまり長い間保管し続けないことも大切です。

 

とくに小さい子の場合、預ける期間が長くなると、
興味がなくなったり、『貯金=つまらない』イメージになってしまいます。

 

なつ
なつ

だからある程度貯まったら、お金を使わせてみましょう^^

 

貯めたお金をまた手にする喜びって、すっごくワクワクしますよね!

 

なつ
なつ

この体験が、また貯金する意欲につながるんです^^

 

 

【子供のお金のしつけ】子供の貯金習慣まとめ

『お金のしつけ』をするなら、お小遣い制と一緒に貯金する習慣も教えましょう^^

 

でも子どもの貯金は、貯めるだけが目的ではありません。

頑張って貯めたお金を使わせることで、お金の管理ができるようになるんですよ^^

 

『お金のしつけ』は早い方が絶対にいいです!

本文で紹介した方法なら、年長さんや低学年の子でも始めやすいので、ぜひ取り入れてみてくださいね^^

 

子供のお小遣い平均は?相場はいくら?幼稚園〜小学生のお小遣い額の決め方
子供のお小遣いの平均額やお小遣いの金額の決め方・管理の方法や使い方について紹介します。どこまでお小遣いでまかなうか・親が出すのはどこまでかの目安も紹介しています。

 

 

▼子どもと一緒にお金の勉強をするなら、こちらの本がイラストも多く読みやすいですよ▼

【お金の勉強】子供が小学生になったら一緒に読むべきおすすめ6冊!
小学生からおすすめのお金の勉強ができる本を紹介します。小学生向けの本はストーリー仕立てやイラストも多いので、専門用語も分かりやすく大人も勉強になることばかり。小学生の子どもと一緒にお金について勉強できる本を6冊紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました