【お金の教育】4歳・5歳向けお金の絵本!子供におすすめ8冊を紹介!

お金の教育におすすめ絵本 子供のお金の教育
子供にお金の教育をしたいけど、何から教えたらいいか分からない…。
ときは、絵本でお金の教育を始めてみましょう^^

 

今は幼児向けの『お金の絵本』も充実しているので、読み聞かせしてあげると
自然にお金の仕組みや価値がイメージしやすくなりますよ^^

 

なつ
なつ

お金の絵本と言っても、
内容も分かりやすく物語になっているものばかり!

 

4歳や5歳から理解できるものばかりなので、ぜひ読み聞かせをして
お金の教育のキッカケにしてみましょう^^

 

4歳や5歳からおすすめの『お金にまつわる絵本』を紹介します♪

 

 

▼お金の教育の始め方については、こちらが分かりやすいです▼

子供のお金の教育はいつから?4歳児に実践中!お金の知識の増やし方
子供へのお金の教育はどうすればいいの?いつから始める?何歳からどんなふうに始める?という疑問にお答えします。我が家では4歳からお金の教育を始めました。子供にお金の教育をするときの注意点や意識しているポイントを紹介します。

 

 

スポンサードリンク



【お金の教育】子供にお金の絵本がおすすめな理由

子供との相性を知る方法

『あれ買って!』『これ欲しい!』とせがむ我が子に、
『お金は大切なものなのよ…』と言っても、理解させるのは難しいですよね。

 

なつ
なつ

そんなときは絵本の読み聞かせで、お金の教育を始めましょう!

お金って、実際に使ったり稼いだりしないと、その価値や仕組みがわかりません。

とはいえ『お金とはなんなのか』が分からなければ、うまくつかうこともできないし
その価値も分からないまま。
なつ
なつ
これでは、お金の教育は進みませんよね…。
そこで絵本です^^
『お金にまつわる絵本』を読み聞かせていると、4歳や5歳の子でも
  • お金の仕組み
  • お金の使い方
  • 経済の成り立ち

がイメージしやすくなるんですよ^^

 

物語を通してお金をつかう体験やイメージできるため、
自然とお金の知識が増え、親子でお金について話し合いう、いいキッカケになります^^

 

 

なつ
なつ

4〜5歳からおすすめの『お金の絵本』を紹介します!

【お金の教育】4歳5歳からおすすめお金の絵本8冊!

小学生向けおすすめお金の本

おさいふのかみさま

お母さんから初めてお小遣いをもらった、おばけの『ばけばけ』。

何を買おうかドキドキで商店街へ行きます。

 

目に入ったお菓子を買おうとお財布を開けると、なんとお財布の神様が出てきました!

 

神様は『それ、いちばん、ほしいのかね〜?』とばけばけに質問します。

 

そして

 

『1枚しかない100円を、そんなに簡単につかうのかね〜?
よ〜く考えて選ぶのが、やりくり上手のおばけじゃよ〜』

 

と言ってお財布の中に消えていくんです。

おさいふのかみさま

そのあとも、買い物しようとするばけばけに、お財布の神様は
『それ、いちばん、ほしいのかね〜?』と質問します。

 

質問を繰り返されるうちに、自分が欲しいものが分からなくなってしまったばけばけ。
なつ
なつ

でもよ〜く考えた結果、最後はみんなが幸せになるお金の使い方ができました^^

お金は使い方によって、人や自分を幸せにできる!と学べるお話です^^
おさいふのかみさま絵本
なつ
なつ

末巻にはお金の授業コラムもあって、親子でお金について学べる絵本です♪

 

 

 

ひゃっくん

おばあちゃんが『ゆうたろうくん』にくれた100円。

ゆうたろうくんがその100円を握りしめると、なんと100円玉の声が聞こえるようになります。

 

ゆうたろうくんはその100円を『ひゃっくん』と名付けて友達になります。

ひゃっくん

でも『ひゃっくん』はお金。

ゆうたろうくんはガチャガチャをするため『ひゃっくん』を手放してしまいます。

 

それから『ひゃっくん』は、いろんな人のもとへ旅にでかけます。

『ひゃっくん』はゆうたろうくんの元へ帰れるのか…!

 

なつ
なつ

お金にも心があると思うと、
使い方を考えるキッカケになりますよね!

お金を大切にすれば、巡り巡って自分の元へ帰ってきてくれる!と
教えてくれるストーリーです^^

買物絵本

『お金でどんなものが買えるの?』

『お金で買えないものって、どんなもの?』

 

が絵本で分かるお話です^^

 

お菓子を買うと、美味しさや嬉しさを買うことができますよね^^

 

なつ
なつ

でも、たくさんお菓子を食べてしまうと
虫歯を買うことになります。

 

さらに虫歯の治療も買うはめになります。

買物絵本

お金をつかうことで、そのあとに感じる気持ちや価値まで買うことができる!

お金をつかうことで、矛盾や不利益を生むこともある!

 

というメッセージ性のあるお話。

 

なつ
なつ

短い言葉で、子供にも理解しやすく描かれています^^

 

 

100円たんけん

100円と何が交換できるのか!

 

商店街に行って、肉屋さんやお魚屋さん八百屋さんに行って
100円と交換できるものをお母さんと『ぼく』が調査します。

 

100円でケーキやお寿司は買えるかな?

買えるなら、どのくらいの量になるのかな?

と分かりやすく描かれています。

 

子供にも身近な100円の価値を、分かりやすく伝えてくれる絵本です。

 

なつ
なつ

100円と何が交換できるのか…って、
言葉で教えようとしても難しいですよね…。

同じ100円でも、モノによって買える量や大きさが違うことが分かったり、
100円の価値をイメージしやすい絵本です。

 

 

くるまのねだんのえほん

車に興味のある子なら、『くるまのねだんのえほん』もおすすめです^^

 

  • 新車・中古車
  • セダン・ミニバン
  • バス・救急車・消防車

 

など、身近な車の値段がリアルに紹介されています。

 

普通なかなか見ることのない大きな値段の数字に、興味しんしんになってくれますよ^^

なつ
なつ

『え?バスってこんなに高いの?』と大人も勉強になる1冊です。

 

はじめてのおつかい

5歳のみいちゃんが、ママに頼まれて初めておつかいにいくお話です。

 

200円を握りしめて牛乳を買いに行くみいちゃん。

 

お店につくまでに、転んでお金を落としてしまいます。

お金を預かる責任感や、初めてお金をつかうドキドキ感を体験できる絵本です。

はじめてのおつかい

 

なつ
なつ

お金を初めてもたせると、使い方を失敗することもあると思います。

 

でも失敗すると分かっていても、グッとこらえて見守り信じることで
子供は大きく成長してくれる!という親へのメッセージ性もある絵本です^^

 

 

しょうじき50円ぶん

 

なつ
なつ

この絵本を読むと『正直に生きることの大切さ』が分かります。

あつしくんとお兄ちゃんは、野球の帰りにジュースを買います。

でも、お釣りが50円少ない!

お店に文句を言いに行って、返金してもらいました。

 

ところが次の日、たこ焼きを買ったところ
なんとお釣りが50円多かったんです!

 

なつ
なつ

このとき、2人はどんな行動をとるのでしょうか?

 

バレないからと、そのまま50円を受け取ることもできます。

でも2人は、たこ焼き屋のおじさんに50円を返しにいくことに!

 

おじさんは2人の正直さを嬉しく思い、たこ焼きをおまけでくれました^^

 

50円を返金したことで、2人はおじさんからの『信用』を受け取ったのです!

なつ
なつ

『お金=信用』という方程式を、分かりやすく伝えてくれる
あったかい絵本です^^

 

 

 

おかねのきもち

長い間、自動販売機の下に落ちていた1円玉。

 

ある日女の子に『みっけ!』と言われ、見つけてもらいます。

 

1円玉の『みっけ』は貯金箱の中に入れられ、他のお金たちと出会います。

 

『みっけ』は他のお金から『どこから来たの?』と尋ねられ、
拾われた経験しかない自分に、落ち込んでしまいます。

 

そんな『みっけ』を女の子は、滑り台を購入するための募金箱へ入れます。

 

1円でも誰かの役に立てる!

人を喜ばすことができる!

 

と知って、『みっけ』が嬉しくなるお話です。

 

お金で誰かを喜ばせたり、助けることができる!

寄付することの大切さを教えてくれる1冊です。

 

 

 

お金の教育におすすめ絵本まとめ

お金の教育を始めるなら、まず絵本の読み聞かせで

  • お金の仕組み
  • お金の使い方
  • 経済の成り立ち

をイメージさせてみましょう^^

 

 

お金のイメージがもてると、お金の大切さや使い方を説明しやすくなるので、
お金の絵本は、ぜひ読み聞かせの1冊にいれてみてくださいね^^

 

なつ
なつ

どれも『お金』がテーマの絵本ですが、
物語になっていて読みやすいですから♪

 

▼なお、子どもと一緒に『お金の勉強』ができる本もまとめているので、
ぜひ参考になさってくださいね!▼

なつ
なつ

大人が読むだけでも、お金の勉強になる本ばかりですから♪

【お金の勉強】子供が小学生になったら一緒に読むべきおすすめ6冊!
小学生からおすすめのお金の勉強ができる本を紹介します。小学生向けの本はストーリー仕立てやイラストも多いので、専門用語も分かりやすく大人も勉強になることばかり。小学生の子どもと一緒にお金について勉強できる本を6冊紹介します。

 

 

▼実践的な『お金の教育』は、こちらが参考になりますよ▼

子供のお小遣いいつから渡す?決めておくべき6つの約束・ルールはコレ!
子供のお小遣いいつから渡す?いつから始める?平均的に小学校1年生から始める家庭が多いです。しかしある条件をクリアできるなら幼稚園児からお小遣いを始めてもいいと思うんです。お小遣い制を始めるときに決めておきたい約束も紹介します。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました