【物を欲しがる子の心理】子供のおねだりを怒らず我慢させる意外な方法

物を欲しがる子の心理 子供のお金の教育
他の子が持ってるおもちゃを、すぐを欲しがる…。

なんでも『買って!買って!』と駄々をこねられる…。

なにを言っても全然ダメなときって、途方にくれるし、正直、我が子が憎たらしくなりますよね。

 

と同時に、

『このまま、わがままがエスカレートしたらどうしよう…』

という不安もちらつきます…(汗)

 

ここでは、子どもが

  • 人のものをなんでも欲しがるとき
  • 『買って買って星人』になったとき

の心理と対処法について紹介します!

 

事前に対処法を知っていれば、
イライラが爆発し、子どもに手をあげてしまう心配もありません。

 

なつ
なつ

ぜひ参考になさってくださいね^^

 

 

スポンサードリンク



物を欲しがる子の心理

子育て疲れた一人になりたい

子どもがモノを欲しがり始める!というのは、自分の

  • 好きなもの
  • 嫌いなもの

が分かってきた!ということです^^

 

なつ
なつ

つまり『より好み』を始めた!ということです。

 

それが、

  • おねだり
  • 人のモノを欲しがる

という形であらわれていたんです^^

 

なつ
なつ

離乳食のときを、思い出してみましょう!

最初は好き嫌いなんてなく、口に入るものは何でも舐めたり食べていましたよね。

 

でも、あるときから急に好き嫌いが始まって、
食べないものが出てくるようになります。

 

美味しいものや好きなものを学習した結果、食べ物を『より好み』するようになったんです。

 

最初は、ニンジンもパクパク食べてたのに、急に食べなくなった…なんてまさにソレ!

なつ
なつ

でもこれは、ネガティブなことではないんですよ。

 

なぜなら見方を変えると、『より好み』できるほど賢くなった!ということなんですから^^

 

なつ
なつ

それだけ『成長した!』ということです^^

 

とくに好奇心旺盛なこの時期は、
気になるものがあると、どうしても欲しくなってしまうし、『自分のものにしたい!』という欲求が強くなります。

 

でもこれは、自然なこと^^

なつ
なつ

けっして、わがままではないんです。

 

ただ今はまだ、自分で欲求がコントロールできないだけ。

 

だから、

  • 他の子が遊んでいるおもちゃが欲しくなって、奪ってしまう
  • おいしそうだからと、隣の子のおやつを食べてしまう

なんてことを、してしまうんですよ。

 

 

【物を欲しがる子の心理】人の物を欲しがる時の対処法

物を欲しがる子の心理

他の子が遊んでるものばかり欲しがるときは、

『ダメ!』

『順番!』

と言いたくなりますが、ここは否定から入るのではなく、

『面白そうだね。遊んでみたいね。』

と、子どもの気持ちに共感する言葉をかけてみましょう^^

 

そのあとで、

『でもみんなのおもちゃだから順番こね!
終わったら貸してもらおうね!』

と、何度も繰り返し伝えてみてください^^

 

  • なぜすぐには使えないのか
  • どうすれば遊べるのか

 

をきちんと言葉で伝えることで、『待てば遊べる!』と理解でき、
気持ちを落ち着かせることができますから^^

 

 

他の子のおもちゃを奪ってしまった時

他の子のおもちゃをとってしまった場合、
反射的に『ダメ!』『コラ!!』と叱りたくなりますよね。

 

でも、これだけでは、

『自分の行動の何がダメで、怒られているのか…』

が子ども自身、理解できない可能性があります。

 

だからこそ、

『いきなりおもちゃを取られたら、嫌な気持ちになるよね。
だから他の子にしちゃダメなんだよ。』

 

とか

『遊んでたのにおもちゃを取られたら悲しいよね。
次貸してもらえるよう一緒に頼んでみようか』

 

など、

  • 何がダメなのか
  • どうすればいいのか

までセットで話してあげるといいですね^^

 

これからどうすればいいのかイメージできれば、行動に変化が現れてきますから^^

 

 

【物を欲しがる子の心理】買って買って病の対処法

子供のお小遣い平均

子どもが欲しがるものを買ってあげることは、子どもの気持ちを満たしてあげたり、
心の満足度をあげます^^

 

とはいえ、買う予定のないおもちゃやお菓子を買うのって、
毎回となると、家計的にもジワジワ痛いですよね…。

 

なつ
なつ

しかも毎回買ってしまうと、子どもも『泣けばなんとかなる』と思い込みそうで嫌ですよね…。

 

とはいえ、

  • 『ダメ!』と言っても納得しない
  • 強引に連れて行こうとすれば、手に負えないくらいギャン泣きする

 

ため、買い物が終わりません(汗)

 

そこでおすすめなのは、『がまん貯金』と『給料制』の導入です^^

 

がまん貯金をさせる

『買って買って病』が発症したら、

『じゃあ10円あげるから、このお金を貯めて買ったらいいよ』

と提案してみましょう。

 

すると子どもは、

  • 少し我慢すれば欲しいものが買える!と理解する
  • お金をもらえる嬉しさ

から、欲求を抑えることができるようになります^^

 

ただ『ダメ!』『我慢して!』と言われると、不満だけが残るし、
不機嫌になって、ますます手が付けられなくなってしまいますよね…^^;

 

でも、『今我慢すれば○○が手に入る』という目的に変えてあげると、
納得して頑張れるようになる
んですよ^^

 

 

給料制を導入する

もし、お金だけあげることに抵抗があるなら、
お手伝いをさせて、給料としてお小遣いをあげるといいですよ。

 

なつ
なつ

我が家は、こちらのやり方です!

 

たとえば、

『今からお手伝いをしたら、お金をあげるね。
そのお金を貯めて、このおもちゃを買おうか!』

と提案します。

 

ただし『買って買って!』の興奮が冷めない状態では、こちらの話を聞いてくれないので、
落ち着いたところで提案してあげると、受け入れてやすくなりますよ^^

 

なつ
なつ

お金がもらえるとなると、そちらに意識が向くので、
納得しやすくなるんです^^

 

しかも、お手伝いをしてお小遣いを渡すことは、
仕事に対する対価として、給料というかたちでお金を渡すことになります。

 

その結果、

  • 責任感
  • お金を管理する力
  • 目的のために、自分の欲望をコントロールする力

 

が一緒に養えるようになるんです^^

 

【お手伝い表の項目】3歳4歳5歳年齢別の決め方とやる気アップの秘策
お手伝い表の項目や内容を3歳4歳5歳の年齢別で紹介します。またお手伝い制と一緒にお小遣いを渡すと、お金の勉強もできておすすめです。お手伝い表に入れたい項目とお小遣い制にするメリットを紹介します。

 

なお我が家では、目標金額が達成しやすいように、
表をつくって『○』をつける仕組みにしています^^

お小遣いお手伝い表

 

なつ
なつ

まだうまく文字が書けないので、簡単な表にしているんです^^

 

もし文字や数字が書けるなら、お小遣い帳を書かせてみると管理しやすいですよ^^

【子供のお小遣い帳】おすすめ品と選び方!習慣化させる方法も紹介!
子供のお小遣い帳の選び方やおすすめお小遣い帳。お小遣い帳を無理なく習慣化させる方法を紹介します。お小遣い帳を習慣にすると親も子供もメリットがたくさんなので、ぜひ参考になさってくださいね!

 

 

我が家の場合『給料制』を導入してからは、『買って買って病』が目に見えて少なくなりました^^

 

わたしも怒る必要もなく、
『じゃあ、お手伝い頑張って買おうか!』と言うだけで良くなったので、
ストレスフリーで家族円満です^^

 

もし『小さい子にお金をもたせるのは危ない…』と心配なら、
どんなところが危ないと思うのか、書き出してみましょう^^

 

そして、危なくないようにするにはどうすればいいか、考えてみるといいですね!

 

我が家の場合は、お金を失くすことは心配だったので、
お手伝いをしたら『紙のお金』をあげることにしています。

お小遣いとお手伝い表

そして、使うときになったら本物のお金に両替する…という仕組みにしていますよ^^

 

 

買って買って病を加速させないため気をつけたいこと

買って買って病対策

おじいちゃんおばあちゃんにも協力してもらう

せっかく我慢させたりお金の管理を始めても、
おじいちゃん達からお小遣いをもらったり、プレゼントをもらう機会って、多いですよね…。

 

なつ
なつ

基本的には孫が可愛くての行為なので、
素直に受け取っていいと思います^^

 

ただし行き過ぎな場合は、

  • 我慢する練習をしている
  • お金の教育をしている

と説明し、できれば協力して欲しいとお願いしてみましょう^_^

 

または『金額の上限』を伝えておくなどして、
やんわり減らしてもらう方向にもっていくといいですね。

 

 

親も計画的に買い物する

親が衝動買いしたり、すぐ欲しいものを買ってしまうと、
『がまん貯金』や『給料制』をしていても、ルールが甘くなってしまいます。

 

たとえば、前は

『お小遣いを貯めて買いなさい!』

と言ったのに、今日は

『買ってあげる〜!』

と言うなど、一貫性がなくなってしまうんです。

 

なつ
なつ

すると子どもは、決めたルールが守れなくなるし、
楽な方に流れてしまいます。

 

もちろん、親の説得力もなくなってしまうので、
親自身も、自分のお金の使い方はルーズになりすぎないようにしましょう^^

 

 

物を欲しがる子の心理と対処法まとめ

物を欲しがるというのは、自分の好き嫌いがはっきりして自己表現ができるようになった!ということ。

 

なつ
なつ

成長の証です!

 

だから、『あぁこの子も、自分の欲求を表現できるほど成長したんだな』と、一旦見守ったうえで、

 

  • 『次、貸して』とお願いして、順番を待つよう提案する
  • お金を貯めさせて、自分で買わせる

 

など、その場に合った対応をしてみましょう^^

 

対処法を知っておくと、感情的にならずに対応できますから^^

 

子供のお小遣いいつから渡す?決めておくべき6つの約束・ルールはコレ!
子供のお小遣いいつから渡す?いつから始める?平均的に小学校1年生から始める家庭が多いです。しかしある条件をクリアできるなら幼稚園児からお小遣いを始めてもいいと思うんです。お小遣い制を始めるときに決めておきたい約束も紹介します。

 

 

▼なお、子どもと一緒にお金の勉強をするなら、こちらの本がイラストも多くて参考になりますよ▼

【お金の勉強】子供が小学生になったら一緒に読むべきおすすめ6冊!
小学生からおすすめのお金の勉強ができる本を紹介します。小学生向けの本はストーリー仕立てやイラストも多いので、専門用語も分かりやすく大人も勉強になることばかり。小学生の子どもと一緒にお金について勉強できる本を6冊紹介します。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました