眉毛を下げたい!眉毛の角度がきつい上がり眉からふんわり眉毛になる方法

女磨き
眉山が高くてキツイ顔になる…。
眉山を下げて、ふんわり眉になりたいな…。

と悩んでいませんか?

 

眉はメイクする上で、とっても重要なパーツ。

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、眉1つで顔が優しくなったりきつくなるなど、
顔の印象まで大きく変えてしまうんです!

 

そんな大切な眉ですが、自分にあった眉を描くのって、時間がかかるし難しいですよね…。

 

この記事では、あなたの顔に合った眉の描き方を簡単なステップで紹介します!

 

なつ
なつ

実はわたし、メイク学校に通い
技術をプロから教わった経験があるんです!

この方法を知ってからは、短時間でもふんわり眉が描けるようになれました^^

 

なつ
なつ

これは本当に大きな収穫でしたよ!

 

ぜひなあたも本文を参考に、『残念眉』から卒業し、綺麗でやさしい眉になりましょう!

 

なお、ベースメイクをキレイにつくる時短技は、こちらが参考になります♪

ファンデーションがまだらにならない!時短メイクでも立体感が出るつけ方!
ファンデーションがまだらにならないつけ方や塗り方を紹介します!リキッドファンデーションは顔に伸ばすだけだと綺麗に発色しません。薄付きのファンデーションだけでも立体感を出し、メイク崩れしにくくなるテクニックを紹介します。

 

スポンサードリンク



上がり眉や変な眉毛に見える4つの理由

変な眉毛の共通点

丁寧にメイクしたつもりでも、鏡をみると「なんか変な眉だな…」と感じること、ありますよね。

 

その原因は、以下の条件に当てはまっているからです。

角度がつきすぎる眉

緩やかなアーチでなく、角度がつきすぎる上がり眉は、キツい顔や古い印象になってしまいます。

 

ふんわり眉にするためには、眉の角度が重要です!

 

コツはあとで紹介しますが、このテクニックを使えば、
キツくない眉が描けるようになるので、ぜひ実践してみて下さいね!

 

眉に色むらがある

眉を描くとき、『眉頭』から描きはじめていませんか?

 

実は『眉頭』から描き始めると、眉が濃くなりすぎてキツく不自然な印象になってしまうんです。

 

くわしい描き方は後で紹介しますが、『眉頭』の色が濃くならないように気をつけると、
自然なアーチの眉を描くことができますよ^^

 

パウダーだけやペンシルだけで眉を描いている

自然な眉を描きたいなら、必ず

  • ペンシル
  • パウダー

をつかいましょう。

 

ペンシルだけで描こうとすると、形がくっきりした眉に仕上がって、
不自然な上がり眉になってしまいます。

 

一方でパウダーだけで仕上げようとすると、毛ある部分と足りない部分でムラができてしまい、
綺麗な眉にならないんです。

 

眉色が合ってない

眉にのせるパウダーは、髪の毛の色と合わせると自然な眉をつくることができます。

 

例えば茶色い髪なのに濃い眉毛にすると、眉が変に目立ち、キツイ印象になります。

 

反対に眉の色を薄くしすぎると、老けた印象になる可能性があるんですよ。

 

なつ
なつ

パウダーの色選びは、とくに注意しましょう!

「でもわたし、髪色に近いパウダーなんてもってない…」

 

というあなたは、自分のもっているチークパウダーと茶色と混ぜ、髪色に近づけてみましょう^^

 

わざわざ新しく買い足さなくても、自然な眉がつくれますから♪

 

なつ
なつ

わたしも、濃い茶色にチークのオレンジを混ぜて、
色味を調整しています♪

 

 

眉毛を下げてふんわり優しい顔になる眉の描き方

綺麗な眉メイクができる方法

きれいな眉作りはベースが大切です!

 

ぜひきれいな眉をつくるためにも、眉部分にもファンデーションをつけ、毛の色味を消しておきましょう。

 

詳しい方法は下の記事↓で紹介していますが、
先にファンデーションで色味を消すことで、アイブロウパウダーの発色が良くなり、綺麗な眉に仕上げることができますから^^

ファンデーションがまだらにならない!時短メイクでも立体感が出るつけ方!
ファンデーションがまだらにならないつけ方や塗り方を紹介します!リキッドファンデーションは顔に伸ばすだけだと綺麗に発色しません。薄付きのファンデーションだけでも立体感を出し、メイク崩れしにくくなるテクニックを紹介します。

 

さて、眉メイクで使う道具ですが、

  • アイブロウペンシル
  • パウダー

の2つの道具をつかいます^^

 

ペンシルで毛を描き足してからパウダーをのせれば、簡単に自然な眉をつくることができますよ♪

 

なつ
なつ

とはいえ、どんな風に眉を描けばいいか分かりませんよね。

 

そんなときは、最初に

  • 眉頭
  • 眉山
  • 眉尻

の3ヶ所に『目印の点』を描き、『目印』にむかって眉をつなげていきましょう!

 

綺麗なアーチ眉を描くコツ

きれいな眉をつくるためにも、先に「目印」を打っておきましょう!

 

眉頭の位置は上の図↑のように、小鼻の真上にくるように「目印の点」を描きます。

 

そして眉尻の位置は上の図↑のように、小鼻の横から目尻を結んだ線状に「目印の点」をつけましょう。

 

眉山の位置は、黒目と目尻の間↑にくるように目印をつければ、準備完了です!

 

 

分かりにくいときは下の図↓のように、直接ペンシルを顔に当てて場所を確認すると、「目印」をすぐにつけることができますよ^^

 

眉頭↑は、こんな感じに。

 

眉尻↑は、こんな感じにペンシルで目印をつけましょう!

 

目印をつけたら、

①眉山から眉頭

②眉山から眉尻

に向かって「目印」をつなげるようにペンシルで足りない毛を足していくと、自然な形に仕上がります!

 

ただし、眉尻を長く描きすぎると、顔の筋肉が下がって見え『老けた印象』になってしまいます。

なつ
なつ

目安となる「目印」以上は、眉を伸ばさないようにしましょう!

 

反対に眉が短すぎると、顔に余白が多くなって顔が大きく見える可能性があります。

 

こちらも目印までの長さで描くよう、気をつけてみてください。

 

アイブロウペンシルの選び方

ペンシルの色は、茶色ではなくグレーを選びましょう。

 

グレーを選ぶ理由は、わたしたち日本人の眉の色と同じ色味にするためです^^

 

ペンシルで足りない眉毛を、1本1本描くようなイメージで足していくと、自然な眉をつくることができますよ^^

 

もとの眉の毛の濃さを変えないように、
足りない部分に毛を足すイメージで描き足してください。

 

 

パウダーの選び方

眉の形ができたら、パウダーをのせていきます。

 

パウダーの色は髪の毛の色味に合うように選択すると、自然で綺麗な仕上がりになります!

 

パウダーは「眉尻」から色を毛に絡めるようにのせ、「眉山」→「眉頭」の順でのせましょう!

 

こうすると、顔の中心からだんだん眉の色が濃くなるため、
柔らかいアーチでも、顔に立体感を出すことができるんです^^

 

 

眉を失敗すると、1日残念な顔で過ごすことになりますから、

  • 目印をつける
  • 髪色に合わせた色をつかう

ことで、自然でふわっとした眉をつくりましょう!

 

 

とはいえ、

「え?朝の忙しい時間に、そんな作業する時間なんてないわ」

「面倒くさそう…」

とあなたも思ったかもしれません。

 

でも思い出してほしいのです。

 

なつ
なつ

身近にいる、眉だけ変に浮いている女性達を。

あなたが見かける『変な眉や上がり眉の女性』は、ペンシルとパウダーのどちらか一方しか使ってない可能性が高いです!

 

そして、基本となる眉の目印を無視して描いているので、
バランスがおかしい眉になっているんですよ…^^;

 

あなたはそんな眉になりたいですか?

なつ
なつ

違いますよね!

バランスの良い顔になるためにも、1度しっかり眉の描き方と向き合ってみましょう。

 

そうすれば、短時間でも綺麗な眉をつくることができますから♪

 

実はわたし、メイク方法を学ぶまではCMで紹介されているアイブロウ用品さえつかえば、
綺麗な眉が描けると信じていたんです。

 

でもいつも眉がうまく描けず、前髪をおろした「眉が見えない髪型」ばかりしていたんですよね。

なつ
なつ

それだけ、自分の眉に自信がなかったんです…。

でも正しい眉の描き方や必要な道具を知ってからは、短時間で自然な眉が描けるように♪

 

眉はあなたの顔の印象を大きく左右します!

 

ぜひあなたも、本文で紹介したテクニックをつかって、
バランスのいい眉をかけるようになりましょう!

 

角度がきつい上がり眉を下げたい!眉の整え方とお手入れ方法

眉のお手入れ方法

綺麗な眉を描くためには、土台となる眉毛を整えておくことも大切です。

 

毛が伸びたりいらない部分に毛があると、美しい眉になりませんよね。

 

とはいえあなたも、産毛やいらない毛をシェービングしたり、ハサミでカットして眉を整えていると思います。

 

でも必要な毛まで剃って短い眉になったり、イメージより細すぎたなど、よく失敗していませんか?

 

おすすめの眉のお手入れ方法は、産毛やいらない毛がある状態で眉メイクを仕上げてから、
お手入れすること。

 

この方法なら、どの毛が必要かそうでないかがよく分かるので、失敗なく眉の形を整えることができますから♪

 

 

 

ふんわり眉毛の書き方まとめ

眉の形や色味を意識するだけで、あなたの顔の印象はガラッと変わります。

 

でも時間がないからと、ファンデーション後にぴっぴと描いていると、つり上がった眉になったり、顔が老けて見える可能性があります!

 

美しい眉を描くポイントは、

  • 眉頭
  • 眉山
  • 眉尻

に「目印」となる点をペンシルでかいて、緩やかにつながるように毛を描き足すこと。

 

そして眉の下地ができたら、髪色に合わせてパウダーをふわっとのせることです。

 

なつ
なつ

そのとき眉尻の色味を他より濃くすると、顔に立体感を出すことができますよ。

ぜひあなたも本文で紹介した方法をつかって、品があって可愛らしい眉になりましょう!

 

 

▼ファンデーションやアイメイクのやり方を知っておくと、眉の発色がさらに良くなりますよ♪▼

ファンデーションがまだらにならない!時短メイクでも立体感が出るつけ方!
ファンデーションがまだらにならないつけ方や塗り方を紹介します!リキッドファンデーションは顔に伸ばすだけだと綺麗に発色しません。薄付きのファンデーションだけでも立体感を出し、メイク崩れしにくくなるテクニックを紹介します。

 

メイクがめんどくさい30代必見!簡単時短アイメイクで上品顔になる!
メイクがめんどくさい30代必見!簡単時短アイメイクで上品顔になるアイメイク方法を紹介します。必要な部分にだけメイクをするシンプルな方法に変えて、大人かわいい女性の綺麗な目元をつくりましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました