絵本の読み聞かせがエンドレスでめんどくさい!子供が同じ本やページをせがむ理由

同じ絵本を繰り返し読む効果 絵本の読み聞かせ
同じ絵本やページばかり読まされる…。
読み聞かせのエンドレスタイムって、正直辛い…。
繰り返し読みって意味あるの?

という疑問に、3年間で1万回読み聞かせをしてきた経験からお答えします!

 

わたし自身、何十回も同じ絵本やページを読まされ、読み聞かせ自体が嫌になったり、
うんざりしてた時期があったんです。

 

なつ
なつ

そんなとき見つけたのが、この本でした!

 

なつ
なつ

この本を読んでから、何度もアンコールされる読み聞かせが苦痛にならなくなったんです^^

 

なぜなら繰り返し読みをすることで、子供の気持ちが安定したり、言葉をよく覚えると分かったから

 

この記事を読めば、同じ絵本を繰り返し読むメリットが分かり、エンドレスタイムの苦痛から解放されます♪

 

 

なつ
なつ

ぜひ参考になさってください^^

 

 

スポンサードリンク



子供の『もう1回!』が辛い!同じ絵本を繰り返し読む3つの効果

絵本の読み聞かせはいつから

2歳や3歳になると『もう1回!』と、同じ絵本を何度も読まされる回数が増えますよね。

 

なつ
なつ

同じ絵本を何度も読むって、大人からするとけっこう辛いですよね…(笑)

でも、それはあくまで大人側の問題。

 

子供はぜんぜん困っていないんです。

なぜなら子供は『繰り返し』が大好きだから!

なつ
なつ

子供って、同じ言葉を何度も言いながらゲラゲラ笑いますよね。
これも繰り返しが好きな証拠です!

 

だからもう、『繰り返し読みは、誰しも通る道だ!』と割り切ってしまいましょう^^

 

それに繰り返し読みには、

①本好きになる
精神が安定する
③言葉が増える

という嬉しい効果もあるんですよ^^

 

なつ
なつ

詳しく紹介しますね!

 

 

エンドレス絵本の効果①本好きになる

大人の感覚では『何度も同じ絵本を読んで、飽きないの?』なんて疑問に思いますよね。

 

でも何度も同じ絵本を読んであげると、子どもは本が大好きになります。

 

なつ
なつ

しかも子どもって、同じ絵本でも、その都度新鮮な気持ちで聞いているんですよ。

 

つまり子どもを本好きにさせたいなら、お気に入りをとことん読み込んでいくことが大切なんです♪

 

読み聞かせの効果を出すには小学生まで続けて!子供を絵本嫌いにしないコツ!
小学生まで読み聞かせをすることは学力アップや集中力アップなどメリットや効果がたくさんあります。読み聞かせを習慣にする工夫を5つ紹介します。1日5分でも絵本の読み聞かせを続けていくと、子供は本を読むことが苦にならなくなってくれますよ。

 

エンドレス絵本の効果②精神的が安定する

くり返し読みをすると、子どもの精神が安定する効果もあります。

 

たとえばせっかく買ったCDなのに、1回しか聞かない人ってほとんどいませんよね。

 

なつ
なつ

音楽って、その曲を覚えて歌えるようになるのも楽しいですから♪

 

これと同じく、子どもはもう知ってるお話でも『つぎはイタチさんがおならをするな〜』と楽しみながら待っています。

 

そして『ほら!おなら出た〜!』と喜ぶのです。

 

なつ
なつ

次に何が出てくるか知っているから、期待して笑う準備をしているんですよ♪

 

子どもって、まだまだ人生経験が少ないですよね。

その中で自分の予想通りのお話が進んでいくのは、とても心が安心すること。

 

この後どうなるか知っているからこそ、安心して絵本の中に入り込むことができるんですよ^^

 

 

エンドレス絵本の効果③言葉が増える

幼児期は記憶力も高く、多くの言葉を学びます。

 

この時期に『質のいい言葉』にたくさん触れていると、言葉の記憶力が大きく発達していくんです^^

 

しかも絵本って、日常生活であまりつかわない言葉や、綺麗な日本語がたくさんつかわれていますよね。

 

なつ
なつ

つまり繰り返し読みをしていると、自然に正しい日本語や形容詞のつかい方を覚えてくれる!ということ♪

 

ほかにも、『歩く』という言葉1つでも

  • すいすい歩く
  • ダラダラ歩く
  • よちよち歩く

など、いろんな表現を自然に学ぶこともできます♪

 

なつ
なつ

これらの言葉の違いも、繰り返し読みをすることで、
意味やつかう場面を理解しやすくなるんですよ^^

 

毎日なんとなく過ごしていると、つい

「早くしなさい!」

「ご飯食べて!」

と、同じような言葉ばかり子どもに聞かせてしまいますよね…(汗)

 

なつ
なつ

でも絵本の繰り返し読みをしていれば、大人の貧弱な言葉をカバーし、キレイな日本語を聞かせることができるんですよ。

 

絵本の読み聞かせはいつから(何歳から)?赤ちゃんを賢くする2つの理由!
絵本の読み聞かせはいつから何歳から始めたらいいか・読み聞かせの効果やメリットについてまとめました。言葉を覚えると自分で考えることができる子になります。6歳までにたくさんの絵本を読んであげると地頭の良い子になります。その根拠を紹介します。

 

エンドレス読み聞かせが苦痛!子供が同じ絵本ばかり読んでと言った時は?

絵本を読まない原因

絵本の繰り返し読みが始まると、もう打つ手はありません。

 

なつ
なつ

何回どころか何十回も、子供が満足するまで同じ絵本を読まされますよね…。

 

しかも『もう内容も分かっているだろう…』と省略して読めば、『違う!』と怒られたりします。

 

なつ
なつ

しかし言い換えれば、子どもはそれだけ『言葉』や『おはなし』を求めている!ということ。

 

途中で止めると大泣きしたり不機嫌になりますから、『満足するまで読んだほうがマシ』だと諦めて、最後まで付き合ってあげましょう!

 

なつ
なつ

それでももし、エンドレス読み聞かせが辛くなったら、こう考えてください。

車にガソリンを入れるのと同じく、今この子に『言葉のガソリン』を入れているんだ!と。

 

『言葉のガソリンを入れているんだ!満タンになったらたくさん言葉を話すようになるぞ!』と考えると、繰り返し読みも苦痛な時間じゃなくなりますよね♪

 

読んでいるページ以外をリクエストしてきたら

読み聞かせをしていると、違うページをめくって『ここ読んで』と言われることがあります。

 

なつ
なつ

親としては『順番通りに読みたいのに…』と思いますよね。

でも読み聞かせの場合は、子供のリクエストを優先してほしいんです。

 

それにつぎつぎページをめくったり、違うページを読んでというときは、今読んでいるお話に興味がない!ということ。

 

とくに2歳や3歳の子供って、お話より色やイラストに興味を持っています。

 

なつ
なつ

だから好きなページは、飽きるまで見せてあげましょう。

 

絵本の繰り返し読みの効果まとめ

大人としては、『いろんな絵本を読み聞かせする方がいいのでは?』と思いますよね。

 

でも子供にお気に入りの1冊があるなら、繰り返し読み聞かせをしたほうが、新しいことを吸収する力も高まります!

 

繰り返し読みは大人にとってはしんどいですが、ここは

①本好きになる
精神が安定する
③言葉が増える

という3つのメリットを思い出して、とことん付き合っていきましょう。

 

同じ絵本を読むことは悪くない!と知っていれば、読み聞かせタイムも楽しいものになっていきますから♪

 

なつ
なつ

なお絵本の読み聞かせのコツは、こちらの本が参考になりますよ♪

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました