公文無料体験学習の感想レビュー!何回も勧誘される?3歳の教材や効果は?

公文無料体験学習に行った体験レビュー 数や文字を覚える
公文の無料体験学習ってどうなの?
気になるけど勧誘とかされたらやだな…。
という不安はありませんか?

公文では2月と5月と11月の年4回に、無料体験学習をおこなっています。

そこで今回わたしも、3歳の娘と一緒に公文の無料体験学習に行ってみました!

 

なつ
なつ

娘はすぐ緊張するタイプの子。

大丈夫かな…なんて思いながらも、チャレンジしてみましたよ。

結論から言えば、公文は先生も優しく、続ければ実力がつくと感じました!

しかし月謝の高さや娘がそれほど興味を示さなかったので、我が家では入会は見送ることに…。

 

この記事では、公文無料体験学習を4回体験した

  • 様子や感想
  • メリット・デメリット

について紹介していきます!

 

 

なつ
なつ

無料体験を検討されているかたは、ぜひ参考になさってくださいね!

 

スポンサードリンク



夏のくもん体験学習に行ってきた!無料体験ってどんなもの?

公文では2月と5月と12月の年3回、無料体験学習の期間があります。

 

無料体験といっても、体験できる回数は4回!

それプラス、先生と親との面談が2回あるので、合計6回通うことになります。

 

なつ
なつ

ちなみに体験する教科は、1教科でも複数教科でもOKですよ♪

また幼児は先生がマンツーマンで見てくれるので、安心して勉強できる環境がととのっていました。

 

そのため、本気で入会を考えているときは、無料体験を利用する価値は大いにあると思います!

なつ
なつ

ちなみに教室見学は、年中いつでも参加できますよ。

3歳児とくもんへ!無料体験学習の流れや授業・プリントの内容は

公文無料体験学習の流れ

無料体験をするため、まず家の近くの公文のホームページから申し込みをします。

 

なつ
なつ

わたしは必要事項を入力し、無料体験を受けたいとメールを送りました。

すると数十分後に、『お電話をかけてもいいでしょうか?』という返信をいただきました。

そこで面談の日程を決めました。

なつ
なつ

携帯からの返信でビックリしましたよ(笑)

 

ちなみに面談の内容は、

  • 子供の性格
  • 家でどんな勉強や遊びをしているのか
  • 体験したい教科はなにか
    (算数・英語・国語の中から選べます)
  • 体験の内容
  • 体験を始める日程

などを聞かれるだけなので、15分くらいで終わりましたよ。

 

なつ
なつ

娘は習い事が初めてだったので、とりあえず国語と算数の2教科を体験することにしました。

 

公文無料体験学習1回目

1回目は、娘の横にわたしも座った状態で学習しました。

なつ
なつ

机をはさんで、先生と娘が向かいあって座ります。

最初は、娘がどのくらいのレベルかみるために、

  • 線を引く
  • 数字を数える
  • 動物の名前を答える

など、先生とマンツーマンで簡単なやりとりをしました。

 

そこで子供のスタートラインを決めて、次回からの予定を決めました。

時間にして30分くらいでしたね。

 

その後、先生と少し話してから宿題をもらって帰りました。

 

なつ
なつ

宿題ですが、30枚くらいプリントが出ました(汗)

ちなみに娘は頑張ったご褒美にシールをもらえたので、とてもご機嫌さんでしたよ。

 

ただ無料体験ですが、その子に合った鉛筆と鉛筆削り(合計400円)を買う必要がありました。

公文無料体験学習の感想

なつ
なつ

鉛筆は太くて三角形タイプなので、小さな手でも持ちやすい形になっています!

しっかり持てるので、線も太くはっきり書けるし使い勝手もとてもいいです!

 

 

くもんこどもえんぴつ

くもんのこどもえんぴつけずり

なつ
なつ

太い鉛筆なので、専用の鉛筆削りも必要です。

 

 

公文無料体験学習2回目

公文のプリントは、だいたい実力より下のレベルからするそうです。

そのため娘も『20』くらいまでかぞえられるのに、公文のプリントでは、1〜5までを繰り返し練習することになりました。

 

なつ
なつ

そして驚いたのが、授業のスピードが速いこと。

娘が、先生の質問に答えずもじもじしていると、つぎつぎに違う問題やパズルが出てくるんです。

この速さには驚きました…。

ちなみに体験自体は、20分くらいで終わりましたよ。

 

そして最後に、前回と同じく宿題を40枚くらい出されました。

なつ
なつ

まだ1人で宿題なんてできない年齢。

40枚全部、親が付き合わないといけないので、けっこう大変です…。

 

公文無料体験学習3回目

3回目も2回目と同じく、プリント30枚くらいを、先生と一緒に進めていきました。

 

その後『50音の表』を指で押さえながら、『あ』〜『ん』まで復唱していきました。

時間にして20分くらいでした。

そして帰りに宿題が30枚でました。

2回目の面談

3回目が終わると、親だけが別日に呼ばれて先生と面談します。

面談の内容は、

  • 困ったことはないか
  • 子供の様子
  • この先も続けるかどうか

という内容を話しました。

 

また、宿題を見ながらできるようになったことを褒められるなど、先生から見た娘のようすや変化も話してくれました。

 

なつ
なつ

しつこい勧誘などは、まったくなかったですよ♪

公文無料体験学習4回目

体験最終日も、これまでと同じく先生とプリント学習を20分ほどして終了しました。

 

その後、先生と入会の意志についてもう1度話し、『今回は見送ります』と伝えて体験は終了しました。

 

公文無料体験の特徴や4つのメリット

公文無料体験学習の感想

わたしが公文無料体験学習を受けて感じたメリットを、4つ紹介しますね。

公文の無料体験学習はお得!

無料体験ですがきっちり4回、先生とマンツーマンで授業してもらえるため、かなりお得だと感じました。

なつ
なつ

ただ、3歳という年齢からマンツーマンだった可能性もあります…。

また2回の面談の中で、不安な点を相談できたり、子供の良いところを褒めてもらえるなど、先生もよく子供の様子を見てくれているな…という印象でした。

なつ
なつ

先生はみんな優しかったですよ♪

真面目にやると力がつきそう

公文のプリントは、基本の基本から始めることができるので、真面目にやると、小学校に上がるまでに基礎学力がしっかりつくと思います。

 

また繰り返し反復練習したり量をこなせるため、計算は確実に早くなると思いました。

時間が自由に決められる

公文は個人学習。

なのでクラスに入る時間は、多少時間がズレてOKなのは良かったです。

 

ただ16時前後から小学生が増えて騒がしくなると言われたので、早めに連れていったほうが落ち着いて体験できると思います。

 

なつ
なつ

早めの時間帯なら、幼稚園の子が1人いるくらいでした。

そのため静かに学習できましたよ♪

 

先生がたくさん褒めてくれる

無料体験学習では、4回とも担当してくれた先生が同じでした。

なので娘のこともよく見てくれ、前回できなかったことができるようになると、たくさん褒めてくれました。

なつ
なつ

学習中は真剣に、できたところはしっかり褒めるメリハリは、さすがだな…と感じました。

 

公文無料体験学習で感じた欠点や3つのデメリット

公文体験学習で感じたデメリット

体験学習で感じたデメリットも紹介するので、参考になさってくださいね。

スピードが速い

学習のスピードはとても速いと感じました。

 

たとえば娘が言葉につまったり無言になると、プリントがつぎつぎめくられていったり、パズルやカードなど他の教材がすぐに出てきます。

 

なつ
なつ

3歳児の学習って、もっとゆっくりするのかと思っていたので、イメージと違ってビックリしました。

宿題が多い

公文は宿題があるとは聞いていましたが、1回に30枚ほど宿題が出るは驚きました。

 

宿題をする間は、わたしも付き合わなくてはいけないので、毎日となるとけっこう大変でした。

なつ
なつ

すんなりやってくれる日ばかりじゃないので、気分を見ながら誘導していましたよ。

親が宿題とどう付き合っていくかは、公文を続けるかどうかの重要な課題になりそうだな…と感じました。

 

月謝が高い

公文は月謝が高いです。

3歳児なら1教科7560円(地域によっては7020円)と、高いですよね。

 

しかも3歳児の学習は、

  • ひらがなを読む
  • 線を正しく引く
  • 数字の意味を覚える

など親がその気になれば、家でもできることばかり。

 

なつ
なつ

正直、これで7000円は高いかも…と思ってしまいましたよ。

 

それに我が家では、家では読み聞かせをしているし、遊びながら数字も教えているため、正直『このまま、家での学習を続ければ良いのでは?』と感じたんです。

 

なお『読み聞かせ』については、こちらの記事↓でまとめています。

3歳の絵本の選び方!しかけが面白い人気絵本からベストセラーまで紹介!
3歳児の絵本の選び方やおすすめの絵本やおもしろいしかけ絵本を紹介します。3歳児は『やってみたい!知りたい!』と好奇心のかたまり。なので料理など絵本の中で知ったことを実際に体験させてあげると、とっても喜んでくれますよ。

 

数字の覚え方は、こちらの記事↓でまとめています。

数字は何歳から始める?1歳2歳3歳の数字の覚え方のコツは○○を徹底的にやりこむ事!
1歳、2歳、3歳別の数字の覚え方や勉強の方法について紹介します。数字だけを覚えるのではなく、実際に数が増えたり減ったりする様子を見せてイメージしやすい環境をつくってあげると数字の意味が分かるようになります。具体的な覚え方の方法を紹介します。

 

また3歳児の学習なら、ドリルを買って家でやれると思います。

 

たとえば『はじめてのすうじ』なら、中身も公文でもらうプリントと同じような内容なので、こちらでも十分いいかと思います。

 

線を引く練習からできるので、一緒に『スー、ピタッ!』とスタートとゴールで線を止める位置を繰り返し練習させると、楽しく数字を書けるようになりますよ♪

 

なつ
なつ

ただ数をこなしたいときには、ドリルでは少ないかもしれません。

繰り返し学習したいときは、コピーしてつかいましょう。

 

なつ
なつ
国語の勉強には『はじめてのひらがな』がいいと思います。
  • ジグザグの線の練習で『そ』が書けるようになる
  • くるくるの線の練習で『る』が書けるようになる
など、楽しみながらひらがなを書けるようになりますから。
1ページのサイズも大きく、カラーで絵もたくさんあります。
なつ
なつ

シールもあるので子供も楽しんで取り組めますよ♪

公文無料体験学習を4回体験しましたが、宿題の多さや月謝の高さから、今回は体験だけで終わることにしました。
また3歳ごろの年齢なら、読み聞かせやドリルを買って親と一緒に学習するだけでも、十分なんじゃないかな…と感じました。
なつ
なつ

でも、どんどん量をこなしたい!やってみたい!という子には公文は合っていると思います。

我が家は、小学生ごろになって本人が『やりたい!』と言い出したら通わせるスタイルにして、今のところは自宅学習で進めていこうと思っています。

 

その間は、ドリルで自宅学習していくつもりです♪

 

なお、もっと安く幼児教材を試したいときは、『まなびwith』がリーズナブルで余計な付録もなくおすすめです!

 

なつ
なつ

無料で資料請求できるので、中身を体験してみましょう!

\無料資料請求はこちらから/

【無料】まなびwithで資料請求してみる!

 

まなびwith幼児コース無料お試し体験と口コミ!3歳も興奮○○がお得すぎ!
『まなびwith』は資料請求すると、無料でお試し教材を試すことができます。まなびwith幼児コースの教材をお試したので内容や感想を紹介します。まなびwithの教材は3歳児のくいつきがいいシールやDVDでの学習。 なので初めて学習する子供にピッタリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました