子供のお小遣い平均はいくら?幼稚園から小学生のお小遣い額の決め方

子供のお小遣いの平均額は 子供のお金の教育
幼稚園や小学生のお小遣いって、どれくらいあげればいいの?

と悩んでいませんか?

 

高すぎると浪費癖がつくかもしれないし、
少なすぎてもお金をつかう練習にならないため、迷いますよね…。

 

なつ
なつ

実は我が家では、4歳から娘にお小遣いを渡しているんです。

お手伝いをしたらお小遣い表に○で、4歳でも楽しくお金の管理ができた!
お手伝いをしたらお小遣いを渡したり、お小遣い表に記入するメリットを紹介します。給料制にする前の決め事や、子供に説明する手順を順番に紹介します。

 

『え?早くない!?』と思ったかもしれませんが、
お菓子や雑貨などちょこちょこ買っていたら、結構な金額になると気づき

『これなら本人に管理させよう!』

と思ったんです。

 

この記事では、

  • お小遣いの平均額
  • お小遣いの金額の決め方
  • お小遣いの管理方法

を体験から紹介します!

 

なつ
なつ

人に聞きにくいお金の問題だからこそ、我が子の場合どうするか、
じっくり考えてみませんか^^

 

 

 

スポンサードリンク



子供のお小遣いの平均は?

子供にお金の意味を教える教育

子供のお小遣いの平均額は

・小学1〜2年で、月に500円
・小学3〜4年で、月に500円
・小学5〜6年で、月に1000円
・中学生で、月に2536円
・高校生で、月に5000円
という結果になっています。
年齢が上がるにつれ、友達と出かけることも多くなったり、
交友関係もひろくなるため、金額も上がるようですね。
なつ
なつ

ただし、ここれはあくまでも平均です!

 

我が子のお小遣いの適正な金額を決めるなら、平均を参考にしながらも

今、月で、いくらくらい子どもにお金を使っているか

を書き出して、お小遣いの金額を決めるのがおすすめです^^

 

子供のお小遣い!平均に惑わされず金額を決める方法

お小遣いの使い道

お小遣いの額を決めるなら、1週間や1ヶ月単位で、
『どのくらい子どもにお金を使っているか』を書き出してみるといいですよ^^

 

たとえば、

  • おやつ代
  • おもちゃ代
  • ガチャガチャなどのゲーム代

など、ちょこちょこ買ってるものってありますよね。

 

なつ
なつ

これらの合計金額を、お小遣い額の目安にするんです!

 

ただしこの項目は、子どもの年齢や好きなものによって変わります。

 

だからこそ、『我が子につかっているお金の合計』を書き出す必要があるんですよ^^

 

なつ
なつ

なお子どもには、衣食住や教育のお金もかかりますよね。

これらの項目も、『どこまで親が出すか』を考えてみるといいですよ^^

 

衣食住のお金

わたしの場合

  • 生活に関わるお金
  • 塾代
  • 学校用品

などは『親が出してあげるべき!』と考えているので、子どものお小遣いには入れてません。

 

なお鉛筆やノートや消しゴムなど、消耗品をお小遣いに入れるかどうかは、
各家庭の考え方次第だと思います。

たとえばスーパーで食材を買うのは、親が出しますよね。

 

なつ
なつ

でも、子どもが急に『お菓子欲しい!』と言った場合、どうしますか?

 

わたしの場合、そのお菓子が必要ない!と思ったら、

『じゃあ自分のお金で買っていいよ!』

と提案しています^^

 

自分のお金で買うことになると、本当に欲しいのか真剣に考え始めるんです^^

 

なつ
なつ

すると、意外にあっさり諦めることも多いんですよ^^

 

となると、

『じゃあ、親がお菓子を食べたい場合、どうしたらいいの…!?』

という疑問もありますよね。

 

なつ
なつ

子どもに『自分のお金で買いなさい!』と言った手前、
自分だけ買うことはできません…。

 

対処方法としては

  • 自分用の『お小遣い財布』を用意し、そこから出す
  • 子どもがいないときに、こっそり買う
  • 我慢する

の3つです。

 

なつ
なつ

わたしの場合、別の財布をもってないので、
一人のときに買うか、我慢することにしてます…(笑)

 

ちなみに子どもの服も、家計から出すようにしています。

 

ただアクセサリーやヘアピンなどは、自分のお小遣いから出すよう約束しています^^

 

スマホ代

小学生頃になると、スマホを欲しがるようになりますよね。

 

でも高価なものなので、お小遣いで買うことは難しいし契約もできません。

 

なつ
なつ

とうぜん親名義で契約し、親が通信料を払うことになります。

 

だからもし子どもに持たせるなら『これは親の所有物』だときちんと説明し、
『貸してあげる』という条件で、もたせるようにしましょう!

 

なつ
なつ

『貸してあげる』のですから、所有者は親にあります。

だから中身を見たり、チェックする権利がある!ということもきちんと伝えます。

 

なつ
なつ

とはいえ、親子でもプライバシーの問題がありますよね…。

 

なので、ほんとにチェックするかどうかはあなたの考え方次第^^

 

でも、最初に『定期的にチェックする!』と約束することで、
危ないことを予防したり、トラブル発見も早くできるメリットもあります。

 

我が家のお小遣いの金額の決め方

子供のお小遣い平均

我が家の場合、

  • お菓子代→月に300円
  • シールやおもちゃ代→月に100円か0円
  • アクササリー代→月に100円か0円
  • 外出先のソフトクリーム代→月に200円

 

を、1ヶ月で娘につかっていました。

 

これらを合計すると、月に約700円必要になります。

 

なつ
なつ

それを踏まえて、お小遣いの額を決めます!

 

なお我が家は、『給料制』でお小遣いを渡しています。

なので、1ヶ月で700円稼げるよう『お手伝いの単価』を決めました^^

 

さらに我が家では、稼いだお金を

  • 貯める分
  • 使う分

で最初に分け、お金を管理させています。

 

貯金用のお金をつくることで、ちょっと高いものを買う喜びを体験させているんです^^

子供のお小遣いルール!賢い使い道や貯め方が身につくたった1つの約束
子供のお小遣いの管理方法や無駄遣いをしなくなる使い方のルールを紹介します。お小遣いは初めに用途別に分けておくと管理しやすくなります。その簡単な方法を紹介します。

 

となると、月に700円では『貯める分』の金額が入ってないため、
今のペースでお金をつかうと赤字になってしまいます…。

 

じゃあ、どうするか。

 

なつ
なつ

ここは娘との話し合いです!

実は娘には、『ユニコーンのぬいぐるみを買う』という目標があります。

 

金額は約1000円。

 

なつ
なつ

早くユニコーンを買うため、お小遣いの使い道を一緒に見直すことにしました!

 

その結果、

  • アクセサリーは家にあるビーズでつくる
  • おやつは手作りする
  • ソフトクリームは月1回にする
  • おもちゃは折り紙でつくる

 

などで節約し、ユニコーンを買うお金を貯めることにしました^^

 

なつ
なつ

ただ、娘はまだ4歳。

正直、これでどのくらい節約できるかイメージするのは、まだ難しいです。

 

なので、

『このおもちゃを我慢したら、ユニコーンが8月には買えるよ』

『お菓子を一緒につくったら、100円玉2枚貯金箱に入るよ』

などイメージしやすいように伝えています^^

 

このように年齢に合わせて紙に書き出してみたり、
好きなものにたとえて金額をイメージさせると、お金の価値を理解しやすくなりますよ^^

 

なつ
なつ

お金を使うって、けっこう難しいですよね。

だからこそ、早い段階で使い方やお金の流れをイメージさせることで、
無駄遣いを防いだり、計画的に使う練習ができるんですよ^^

 

 

お小遣いを管理できる子は無駄遣いしなくなる

4歳からのお金の教育方法

お小遣いで自分の欲しいものが買う体験は、確実に世界を広げます!

 

なつ
なつ

なんでも親に買ってもらう生活では、この感覚を味わうことはできません。

 

とはいえ、親としては

『お小遣いをあげたら、無駄遣いしたり浪費してしまうのでは…』

という不安もありますよね。

 

なつ
なつ

でもわたしは、浪費家にはならないと考えています^^

 

なぜなら自分のお金を持つということは、

  • 欲しいもの
  • 必要なもの

を、嫌でも考える必要があるからです^^

 

その場の感情に流されず、冷静に『必要なものか』考えるって、
いきなりできるものではありませんよね。

 

だからこそ、子どもの頃からお小遣いを管理させたり、
使わせることが大切だ!と感じているんです^^

 

なつ
なつ

我が家もお金の教育を始めてから、『買って!買って!』と言われることが、目に見えて少なくなりました♪

 

最初は買わないとぐずって大変な子でしたが、今は『自分のお金で買っていいよ』と言うと、
じっと見て、その場を離れるようになりました^^

 

 

何に使うかは本人に任せる

欲しいものが買える喜びが分かったら、『お金を管理する力』も伸ばしてあげましょう^^

 

なつ
なつ

そのためにも、最終的に何を買うかは本人に任せてみるといいですよ^^

 

親の『こういう使い方をしてほしい』という希望と、
子どもの『コレにお金を使いたい』という希望って、合わないことがほとんどです。

 

でも、ここで親の意見を押し付けてしまえば、
子どもは自分で考えてお金を使ったことにならないし、失敗も経験できません。

 

なつ
なつ

それに大人からみたら『くだらないもの』でも、子どもにとっては『宝物』かもしれません!

 

お金の教育はあくまで、

『我が子が大人になったときお金の管理が自分でできること、
自分を幸せにする使い方ができること』

が目標です!

 

なつ
なつ

子どもの希望を無視して、親の思い通りにお金を使わせることではありませんよね!

 

だから一通りお金の管理方法を教えたら、お小遣いの使い方はだまって見守ってあげましょう^^

 

子供のお小遣いの平均まとめ

子供のお小遣いは

・小学1〜2年で、月に500円
・小学3〜4年で、月に500円
・小学5〜6年で、月に1000円
・中学生で、月に2536円
・高校生で、月に5000円
が平均額になってます。
この金額を踏まえて、1ヶ月や1週間でどのくらいの金額をつかっているか書き出すと、
我が子に合ったお小遣い額が見えてきますよ^^

適正なお小遣いを渡してあげると、自分にとって

  • 必要なもの
  • いらないもの

が見分けられる子になります。

 

ときには、欲しいものが買えなくて、悔しい思いをすることもあるでしょう。

 

でもそんな経験を通して、
決められたお小遣いの範囲で、満足する使い方を考えられる子になるんですよ^^

 

 

▼お金の教育には、絵本も効果的です!おすすめ絵本を紹介します▼

【お金の教育】4歳・5歳向けお金の絵本!子供におすすめ8冊を紹介!
子供にお金の教育を始めるなら『お金にまつわる絵本』がおすすめです。4歳や5歳向けのお金の絵本を紹介します。絵本の読み聞かせでお金の価値や使い方が分かってくるため、お金の教育に絵本はおすすめです!読みやすい8冊のお金の絵本を紹介します。

 

 

▼『定額制』ではなく『給料制』でお小遣いをあげたいときは、こちらが参考になります^^▼

お手伝いをしたらお小遣い表に○で、4歳でも楽しくお金の管理ができた!
お手伝いをしたらお小遣いを渡したり、お小遣い表に記入するメリットを紹介します。給料制にする前の決め事や、子供に説明する手順を順番に紹介します。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました