3歳4歳になっても数が数えられない!数の概念が分かるおすすめ教材と教え方!

数字の覚え方 数や文字を覚える
うちの子、ぜんぜん数を数えられない…。
どうやって覚えさせればいいの?

と悩んでいませんか?

 

とくに他の子が『1〜20』までスラスラ言えているのを見ると、不安になりますよね。

 

でもまだ4歳!

不安になる必要なんてありません^^

 

なぜなら『数の概念』を無視して、暗記したまま数字が言えても意味がないからです。

 

数字を教えるときは『数のイメージ』を一緒に教えると、理解が早くなります!

 

なつ
なつ

その理由や方法を紹介しますね!!

 

 

 

スポンサードリンク



4歳になっても数が数えられない!数字の覚え方と6つの教え方

数字の覚え方

数字を教えるときは、機会的に暗記させず、

  • 『5』のかたまり
  • 数が増える
  • 数が減る

のイメージがつかめるよう、教えてほしいんです。

 

つまり、生活の中でたくさん『数字』に触れるよう

①指で教える
②食べ物で教える
③ゼロの意味を教える
④遊びながら教える
⑤階段で教える
⑥絵本で教える

の6つの方法を取り入れてみてください。

 

なつ
なつ

この方法を繰り返した結果、うちの娘は『数の意味』を理解できるようになりました♪

 

 

数字の覚え方①指で5まで教える

数字の基礎を教えるには、まず『5』まで理解すること。

 

『5』が分かれば、

6は、『1』と『5』

8は、『3』と『5』

と理解できるようになります^^

 

すると、足し算するときも

『5』と『5』で10

『1』と『3』で4

となり、答えは『14』と、計算しやすくなるんですよ^^

 

つまり『5』まで理解できれば、『10』以降もスムーズに分かるようになる!ということです^^

 

『数えられること』と『理解していること』は違います。

 

『いち・にい・さん…』と言えるだけは、ただの暗記。

『数字の意味』を理解してないため、つまずいてしまうんです…。

 

そこでおすすめなのが、指をつかうことです^^

 

子供の指をつかって『1・2・3・4・5』と指を折って、何度も数えてみましょう!

 

『5』までの数が増えたり減っていく感覚を、身体で体験させてあげてほしいんです。

 

 

 

数字の覚え方②食べ物で教える

指遊びと同じく、食べ物をつかって『モノの数』や『数字の感覚』を体験してもらうのもおすすめです!

 

なつ
なつ

数字を教えるのに『食べ物』は最強です!

食べ物は毎日、目にするもの。

1番身近で子供も関心があるモノなので、食いつきもいいですから^^

 

たとえば、おかずをお皿に盛り付けるとき『ママは2つね!』と言いながら、
『1・2』と、子供の前で置くようにします。

 

また『いくつ食べたい?』と子供に聞いてから、
『1・2・3』と声に出してお皿に置くよう意識するんです^^

 

そして『全部で5個だね!』と足した数字も一緒に言うようにする…。みたいな感じです♪

 

 

なつ
なつ

もちろん1回で理解することは難しいです。

 

でも何度も繰り返し見せたり声かけをしていると、自然に『数字の意味』が理解できるようになるんですよ^^

 

生活の中で数字に触れる機会をつくれば、家事をしながら教えられるのでとっても楽ですよ♪

 

数字の覚え方③ゼロの意味を教える

数字を教えるときは、『0(ゼロ)』を必ず含ませましょう。

 

たとえばお皿にイチゴを取り分けるときも、まず『今はなにもないからゼロだね!』と言ってから
『1個・2個…』と置くようにするんです。

 

『なにもない=ゼロ』のイメージをもたせることも、『数字の意味』を理解するためにとても大切です。

 

なお、歌でゼロの感覚を覚えたいときは、まなびwith幼児コース無料お試し体験と口コミ!3歳も興奮○○がお得すぎ!で紹介した無料教材がつかいやすくおすすめです!

 

なつ
なつ

『歌』で覚えられるのですぐに覚えてくれますよ♪

 

\【無料】まなびwithで資料請求する/

まなびwithで資料請求してみる!

 

 

数字の覚え方④遊びながら教える

積み木やブロックなど、オモチャで遊んでいるときも、

『赤い積み木は、3つあるね』

『いくつあるか数えてみよう!』

と声をかけてみましょう。

 

なお、お風呂で数字が学べるオモチャもあるので、上手につかってみるのも楽しいですよ♪

 

お湯をかけたり温めると答えが出てくるので、目をキラキラさせて喜んでくれるし、
なにより繰り返しつかえるので、経済的ですから♪

 

数字の覚え方⑤階段で教える

階段を登るときも、声に出してかぞえるようにしましょう。

 

そして降りるときは『10・9・8……0』と、逆に数字をかぞえてみてください♪

 

ほかにも『3階お願いします!』とエレベーターのボタンを押してもらったり、
車のナンバーを一緒に読んで数字を覚えていくのもおすすめです。

 

なつ
なつ

身近に、たくさんの数字があることに気づかせてあげましょう^^

 

 

数字の覚え方⑥絵本で教える

算数ができるようになるには、『国語力』は必須です!

 

なぜなら

『○○は、何番目に大きいでしょうか?』

という問題があっても、そもそも問題の意味が分からないと、答えることができないからです。

 

『これいくつ?』

『合わせて何個?』

と聞いても答えられない原因は、『言葉』が理解できてない可能性があります!

 

つまり『数字』が分かる分からない以前に、『いくつ』『合わせて』という言葉が分かってない可能性があるんですよ。

 

言葉の意味が分かってないと、

  • 『3個』は理解できても、『3つ』になると分からなくなる
  • どっちが大きい?の『どっち』という言葉が分からない
  • 2個ずつの『ずつ』が分からない

など数字が分かっていても、その先に進めなくなってしまうんです。

 

だからこそ、今のうちにたくさん絵本の読み聞かせをして、『言葉の貯金箱』をいっぱいにしてあげてほしいんです。

 

1日1〜2冊でもいいので、ぜひ絵本の読み聞かせはたくさんしてあげましょう♪

 

なつ
なつ

無理なく読み聞かせを続けるコツは、下の記事で紹介しているのでぜひ♪

 

4歳までに数字をイメージで教える5つの方法

幼児への数字の教え方

1〜5まで言えるようになったら、

①お手伝いで数字を教える
時計やカレンダーで数字を教える
③ドリルで数字を教える
④DVDで数字を教える
⑤100玉そろばんで教える

など、生活の中で数字を体験できるよう工夫していましょう♪

 

数字の教え方①お手伝いで数字を教える

お手伝いをさせることも、数字に触れるいい機会です^^

 

たとえば

『2人でリンゴを食べるから、フォーク2本持ってきてね!』

など、お手伝いの中で数字を学べるよう意識すれば、自然に数のイメージができます。

 

 

ほかにも

『イチゴ、何個食べたい?』聞いて、『1・2・3』と数えながらお皿にのせる。

1つ食べたら『1個減って残りは2個になったね!』と声をかける。

 

ようにすれば、足し算や引き算の練習になりますよね!

 

 

なつ
なつ

もちろんすぐには理解できないと思います。

 

でも1日1回でも繰り返し続けていけば、自然に『多い・少ない』など『数の意味やイメージ』をつかみやすくなりますよ♪

 

 

数字の教え方②時計やカレンダーで数字を教える

カレンダーを見せて『今日は、○月○日火曜日だね!』と声をかけるのもおすすです。

 

また子供に楽しみな予定があるときは、『あと○回寝たら遊びに行けるね!』とカウントダウンをしてみましょう。

 

ほかにも時計で時間の感覚が分かるよう、『18時になったらお風呂に入ろうね』と、声をかけるものいいですね!

 

なつ
なつ

時計はアナログ時計をつかいましょう♪

時間の感覚がつかみやすいので♪

 

 

数字の教え方③ドリルで数字を教える

数字の意味が分かるようになったら、簡単なドリルをつかって、ゲーム感覚で遊ぶのも楽しいですよ♪

 

とくに学研シリーズは、『がんばったシール』が貼れるので、子供も嫌がらず一緒に数字を学べます。

 

なつ
なつ

イラストも多いので、遊びの延長で楽しめますよ♪

ほかにも、指で押さえながらリンゴを数えたり、色を塗ったり、線を引くなど、基礎からゆっくり学べる1冊になっていますよ♪

 

 

なつ
なつ

『10』まで理解できるようになったら、ちょっと先のドリルにもチャレンジしてみましょう。

 

こちら↓のドリルは4歳用になっていますが、『12』までしか数字も出てこないので、無理せずチェレンジできますよ♪

シールや塗り絵をしながら数が学べので、楽しいですよ♪
なつ
なつ

数字の大きい・小さいもゲーム感覚で学べますから♪

 

数字の教え方④DVDで数字を教える

車の中など移動中は、DVDを見せるのもおすすです。

 

とくに『ミッキー』のクラブハウスシリーズには、ストーリーの中で数に触れることができ、おすすめです^^

 

子供のくいつきがいいのはもちろん、アニメを見ながら数を学べるので我が家も流しっぱなしです♪

 

なつ
なつ

テレビを見せるくらいなら、ミッキーを見せた方が質がいいですよ♪

なお、歌で数字の感覚を覚えたいときは、まなびwith幼児コース無料お試し体験と口コミ!3歳も興奮○○がお得すぎ!で紹介した無料教材がおすすめです!

 

なつ
なつ

車の中でDVDを流しっぱにすることもできるので、使いやすいですよ♪

 

\【無料】まなびwithで資料請求する/

まなびwithで資料請求してみる!

 

 

 

数字の教え方⑤100玉そろばんで教える

10以上の大きな数字を教えるには『100玉そろばん』をつかってみましょう!

 

  • 『10』のかたまり
  • 足し算・引き算

がイメージしやすくなりますよ^^

 

とくに5珠ずつ色が違うものを選べば、『数のかたまり』がイメージがつかみやすいし、
数が増えたり減っていく感覚がスムーズに理解できますから^^

 

たとえば、

○○○○○○

よりも

○○●●●●

と5珠ずつ色が違うほうが、数字のかたまりがイメージしやすいですよね!

 

また視覚的に数字が分かるので、『4』といわれたら、『1・2・3・4』と数えるのではなく、
5よりも1つ少ない数!と頭の中でイメージしやすくなります!

 

なつ
なつ

これが足し算や引き算の原点になります!

さらに珠は10ずつ並んでいるので、『10をひとかたまり』としてイメージできます。

 

すると、小学校で習う『繰り上がり』や『繰り下がり』も理解しやすくなるんですよ^^

 

イチゴ20個とか、なかなか用意できませんよね。

そんなとき100玉そろばんをつかうと、数がイメージしやすくなりますよ♪

 

なつ
なつ

なにより小学校までつかえるから、便利ですよ♪

 

4歳になっても数が数えられない時の数字の教え方と覚え方まとめ

お風呂で数をかぞえたり、食べ物をつかって数字に触れるなど、生活の中でも数字を学べる機会はたくさんあります。

 

数字は覚えるだけでは、意味がありません。

 

だからこそ数が増えたり減ったりするようすを見せ、頭の中でイメージしやすい環境をつくってあげてほしいんです。

 

生活の中で数字を取り入れていけば、自然に『算数の土台』が身につきます♪

 

すると一気に数への理解が深まりますよ^^

 

 

なお自分1人では不安や迷いがあるときは、幼児教材に頼ってみるといいですよ^^

 

『まなびwith』ならリーズナブルで、余計な付録もなく続けやすいですから^^

 

なつ
なつ

無料で資料請求できるので、まずは中身を体験してみましょう!

 

DVDも無料でついてくるので、資料請求するだけでもかなりお得ですよ♪

\無料資料請求はこちらから/

【無料】まなびwithで資料請求してみる!

 

まなびwith幼児コースの口コミは?3歳児と無料お試しした感想レビュー
『まなびwith』は資料請求すると、無料でお試し教材を試すことができます。まなびwith幼児コースの教材をお試したので内容や感想を紹介します。まなびwithの教材は3歳児のくいつきがいいシールやDVDでの学習。 なので初めて学習する子供にピッタリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました