数字は何歳から始める?1歳2歳3歳の数字の覚え方のコツは○○を徹底的にやりこむ事!

数字の覚え方 数や文字を覚える
数字を覚えさせたいけど、何歳から始めればいいの?
どうやって覚えさせればいいの?

という悩みはありませんか?

 

同い年くらいの子供が『1〜10』まで数えている姿をみると、『うちの子も早く数字を覚えさせなきゃ!』と不安になりますよね。

 

結論から言うと、学校の勉強のように数字を教えてもダメ!

逆に遊びながら数字に触れると、すんなり数をかぞえられるようになるんですよ。

 

なつ
なつ

うちの娘は2歳になるまでに、1〜10までかぞえられるようになりました♪

もちろんただ数字を言えるだけでなく、『数字の意味』も理解できています。

 

その理由は、工夫して教えたから♪

数字は、ただ暗記するだけじゃ意味がありません!

数字を教えるときは『数の感覚』をつかませてあげると、理解が早くなりますよ。

 

なつ
なつ

とはいっても、難しいことなんて1つもありません!

 

 

ここではわたしが娘に実践している、『数字の教え方』について紹介します♪

 

1歳〜3歳までに実践した方法を順を追って紹介しますので、ぜひ楽しみながら数字に触れる環境をつくってみましょう♪

 

 

スポンサードリンク



1歳や2歳におすすめ!数字の覚え方と6つの教え方

数字の覚え方

まだ『数字の意味』も分かってない時期に、いきなり数字を見せたり『1+1=2』と教えようとしてもダメ!

 

子供はただ、機会的に数字を暗記してしまうだけです。

 

なつ
なつ

しかも暗記だと、モノが増えたり減ったりする感覚をつかむことができませんよね…。

 

そこでわたしは、娘が生活の中でたくさん『数字』に触れるよう

①指で教える
②食べ物で教える
③ゼロの意味を教える
④遊びながら教える
⑤階段で教える
⑥絵本で教える

の6つの方法を実践しました。

 

なつ
なつ

この方法を繰り返した結果、3歳ころには『数の意味』を理解してくれたんですよ♪

 

 

1〜2歳におすすめ数字の覚え方①指で教える

数字の基礎を教えるには、まず『5』まで理解すること。

『5』まで理解できれば、『10』までスムーズに分かるようになります。

 

とはいえ、『いち・にい・さん』と言えるだけは、ただ暗記しているだけ。

分かったことにはなりませんよね…。

それに、『数えられること』と『分かること』は違います。

 

なつ
なつ

だからわたしは最初、『5』まで数えらるよう、『1・2・3・4・5』と指を折って、娘に見せていました。

そして娘の指ももって、『1・2・3・4・5』と数える遊びを、時間を見つけて繰り返しおこなったんです。

 

1〜2歳におすすめ数字の覚え方②食べ物で教える

指遊びと同時進行で、食べ物をつかって『モノの数』や『数字の感覚』をつかませるようにしました。

なつ
なつ

数字を教えるのに『食べ物』は最強です!

食べ物は毎日目にするもの。

自然に触れられるし、1番身近で子供も関心があるモノですよね!

 

なつ
なつ

だから食べ物をつかって、数字が増えたり減っていくようすを見せるようにしていました♪

 

たとえば、おかずをお皿に盛り付けるとき『ママは2つね!』と言いながら『1・2』と娘の前でかぞえながら置くようにします。

 

また娘の分は『いくつ食べたい?』と聞いてから『1・2・3』とお皿に置くよう意識するんです。

 

そして、『全部で5個だね』と足した数字も一緒に言うようにする…。みたいな感じです♪

 

もちろん1回では理解できません。

 

でも何度も繰り返し見せたり声かけをしていると、自然に『数字の意味』を理解するようになってきました!

 

生活の中で数字に触れる機会をつくれば、家事をしな教えられるので、とっても楽ですよ♪

なつ
なつ

もちろん、気持ちに余裕があるときしかできませんが…(笑)

 

1〜2歳におすすめ数字の覚え方③ゼロの意味を教える

数字を教えるときは、『0(ゼロ)』からかぞえるようにしましょう。

 

たとえばお皿にイチゴを取り分けるときも、まず『今はなにもないからゼロだね!』と言ってから『1個・2個…』と置くようにするんです。

 

『なにもない=ゼロ』のイメージをもたせることも、『数字の意味』を理解するためにとても大切なんですよ。

 

なお、歌でゼロの感覚を覚えたいときは、まなびwith幼児コース無料お試し体験と口コミ!3歳も興奮○○がお得すぎ!で紹介した無料教材がつかいやすくおすすめです!

 

なつ
なつ

『歌』で覚えられるので、すぐに覚えてくれますよ♪無料とはおもえない『質』でした!

\【無料】まなびwithで資料請求する/

まなびwithで資料請求してみる!

 

 

1〜2歳におすすめ数字の覚え方④遊びながら教える

娘が積み木やブロックなど、オモチャで遊んでいるときも、

『赤い積み木は、3つあるね』

『いくつあるか数えてみよう!』

と声をかけてみましょう。

 

なつ
なつ

ただ本人が遊びに集中しているときは、邪魔すると怒られるので、タイミングを見ておこなってください…(笑)

なお、お風呂の中で数字の勉強ができるオモチャもあるので、上手につかってみるのも楽しいですよ♪

 

お湯をかけたり温めると答えが出てくるので子供も喜ぶし、繰り返しつかえますから♪

 

1〜2歳におすすめ数字の覚え方⑤階段で教える

階段を登るときや降りるときはいつも、声に出してかぞえるよう意識しました。

 

ちなみに降りるときは『10・9・8……0』と、逆に数字をかぞえるようにするといいですよ♪

 

ほかにも『3階お願いします!』とエレベーターのボタンを押してもらったり、車のナンバーを一緒に読んで数字を覚えていきました。

 

1〜2歳におすすめ数字の覚え方⑥絵本で教える

『国語力』がないと、算数ができなくなります。

 

ぜひ言葉をたくさん覚えられるように、今のうちにたくさん絵本の読み聞かせをしてあげましょう♪

 

なお『6歳までに3000冊読むといい!』と言われているので、1日1〜2冊は読んであげるといいですよ♪

 

なつ
なつ

無理なく読み聞かせを続けるコツも、下の記事で紹介しています♪

 

3歳児におすすめの数字の覚え方と4つの教え方

3歳の数字の覚え方

3歳ごろになったら、1〜2歳の延長で

①お手伝いで数字を教える
時計やカレンダーで数字を教える
③ドリルをつかって数字を教える
④DVDをつかって数字を教える

など、生活の中で数字を体験できるよう工夫していましょう♪

 

3歳におすすめの数字の覚え方①お手伝いで数字を教える

3歳ごろになったら、数字に触れるお手伝いをたくさんさせてあげましょう。

 

たとえば『リンゴを食べるから、フォーク2本持ってきてね』と手伝ってもらうなど、お手伝いの中で数字を学べるよう意識するんです。

 

ほかにもわたしは、『イチゴ、何個食べたい?』と娘に聞いて、『1・2・3』と数えながらお皿にのせ、1つ食べたら『1個減って残りは2個になったね』と声をかけるようにしています。

 

もちろん1回では理解できません。

 

でも1日1回でも繰り返し続けていくと、娘も自然に『多い・少ない』など『数字の意味』が分かってきました♪

 

 

3歳におすすめの数字の覚え方②時計やカレンダーで数字を教える

カレンダーを見せて『今日は、○月○日火曜日だね!』と声をかけています。

 

また子供に楽しみな予定があるときは、『あと○回寝たら遊びに行けるね!』とカウントダウンをしています。

 

ほかにも時計で時間の感覚が分かるよう、『18時になったらお風呂に入ろうね』と声をかけるものおすすめです♪

 

なつ
なつ

なお時計はアナログ時計をつかいましょう♪

時間の感覚がつかみやすいので♪

 

 

3歳におすすめの数字の覚え方③ドリルをつかって数字を教える

数字の意味が分かるようになったら、簡単なドリルをつかって、ゲーム感覚で遊ぶのも楽しいですよ♪

とくに学研シリーズは、『がんばったシール』が貼れるので、子供も嫌がらず一緒に数字を学べます。

 

なつ
なつ

イラストも多いので、遊びの延長で楽しめますよ♪

ほかにも、指で押さえながらリンゴを数えたり、色を塗ったり、線を引くなど、基礎からゆっくり学べる1冊になっています。

なつ
なつ

実はうちの娘、まっすぐな線がうまく書けなかったんです。

 

でもドリルで線を引く練習をするうちに、しっかりした線がかけるようになりましたよ♪

 

もし『10』まで理解できるようになったら、ちょっと先のドリルにもチャレンジしてみましょう。

こちら↓のドリルは4歳用になっていますが、『12』までしか数字も出てこないので、無理せずチェレンジできますから♪

 

なつ
なつ

数字の大きい・小さいもゲーム感覚で学べますよ♪

3歳におすすめの数字の覚え方④DVDをつかって数字を教える

車の中など移動中は、DVDを流しています。

とくに『ミッキー』のクラブハウスシリーズには、大変お世話になっています。

 

数字をつかまえたり、羊を探す物語の中で、自然に算数の基礎が身に付くし、子供のくいつきもいいですから♪

 

なつ
なつ

テレビを見せるくらいなら、ミッキーを見せた方が質がいいと思います♪

なお、歌で数字の感覚を覚えたいときは、まなびwith幼児コース無料お試し体験と口コミ!3歳も興奮○○がお得すぎ!で紹介した無料教材がおすすめです!

 

なつ
なつ

車の中でDVDを流しっぱにすることもできるので、使いやすいですよ♪

 

\【無料】まなびwithで資料請求する/

まなびwithで資料請求してみる!

 

 

 

子供が数字を理解できない・分からない意外な原因

幼児への数字の教え方

実は『これいくつかな?』『合わせて何個?』と聞いても答えられない子の中には、『言葉』が理解できてない子もいるんです。

 

つまり『数字』が分かる分からない以前に、『いくつ』という言葉が分かってない可能性があるんですよ。

 

言葉の意味が分かってないと、たとえば

  • 『3個』は理解できても、『3つ』になると分からなくなる
  • どっちが大きい?の『どっち』という言葉が分からない
  • 2個ずつの『ずつ』が分からない

など、数字が分かっていても、その先に進めなくなってしまうんです。

 

だからこそ数字を覚える前に、いろんな言葉をかけてあげたり、たくさん絵本の読み聞かせをして、『言葉の貯金箱』をいっぱいにしてあげることが大切なんですよ。

絵本は何歳(いつから)始める?読み聞かせの効果と子供が賢くなる2つの理由!
絵本の読み聞かせはいつから何歳から始めたらいいか・読み聞かせの効果やメリットについてまとめました。言葉を覚えると自分で考えることができる子になります。6歳までにたくさんの絵本を読んであげると地頭の良い子になります。その根拠を紹介します。

 

『ちがい』の意味を教えよう

『ちがい』を教えるためには、

『これとこれは同じ。でも、これは違うね!』

と、何度も繰り返して教えてあげることです。

 

わたしの場合は、

『これは色が違うね!』『これは数が違うね!』

と『何が違うのか』見せたり説明も加えるよう意識しています。

 

『〜ずつ』『どっち』の意味を教えよう

『イチゴを2つずつ分けてね!』など、お手伝いのなかで『〜ずつ』や『どっち』などの言葉も、生活の中でなるべく多くつかうよう意識しました。

 

また服などを選ばせるときも、『今日はどっちを着ようか?』『どっちが好き?』と、本人に選ばせて聞くようにしています。

 

なつ
なつ

ほかにも『どっちが長い?短い?』など、数字以外でも聞くようにしていますよ♪

 

『合わせて』『多い・少ない』の意味を教える

『合わせていくつになったかな?5個だね!』と、足し算が自然に分かるような言葉がけもしています。

 

そのときは、実際にイチゴやリンゴを見せて

『あなたは3つでママは2つ。合わせて5つだね!』

『ママの方が1つ少ないね』

など、視覚でも分かるようにしています。

 

なつ
なつ

もちろん最初は分からなくてもいいんです。

でも毎日の中で繰り返していくと、いつの間にか、言葉の意味が理解できるようになってきますよ♪

 

今紹介した言葉達は、わたし達にとっては当たり前。

でも子供にとってみれば、初めて聞く言葉ばかりです。

 

だからこそ『数字が分かっても、言葉が分からずつまずくんだ…』と知って、普段の言葉がけから意識してあげることが大切なんですね♪

 

100玉そろばん

なお、大きな数を視覚で教えるには『100玉そろばん』をつかうといいですよ。

なつ
なつ

5珠ずつ色が違うので、ぱっと数のイメージがつかみやすいし、数が増えたり減っていく感覚がスムーズに理解できますから。

 

たとえば

○○○○○○

よりも

○○●●●●

と色が違うほうが、大人も分かりやすいですよね!

 

また視覚的に数字が分かるので、『4』といわれたら、『1・2・3・4』と数えるのではなく、5よりも1つ少ないと頭の中でイメージしやすくなります。

 

なつ
なつ

これが足し算や引き算の原点になります!

さらに珠は10ずつ並んでいるので、10もひとかたまりとしてイメージできます。

すると、小学校で習う『繰り上がり』や『繰り下がり』も理解しやすくなるんですよ。

 

イチゴ20個とか、なかなか用意できませんよね。

でもこういうオモチャをつかうと分かりやすいし。長くつかえますよ♪

なつ
なつ

つかい終わっても、メルカリなどで高く売れますし(笑)

 

1歳2歳3歳別の数字の教え方と覚え方のコツまとめ

お風呂で数をかぞえたり、食べ物をつかって数字に触れるなど、生活の中でも数字を学べる機会はたくさんあります。

 

そのときはぜひ、数字だけを覚えるのではなく、実際に数が増えたり減ったりするようすを見せ、頭でイメージしやすい環境をつくってあげましょう。

 

生活の中で数字を取り入れていけば、自然に『算数の土台』が身につきますから♪

 

なお幼児教材を試したいときは、『まなびwith』がリーズナブルで余計な付録もなくおすすめです!

 

なつ
なつ

無料で資料請求できるので、中身を体験してみましょう!

\無料資料請求はこちらから/

【無料】まなびwithで資料請求してみる!

 

まなびwith幼児コース無料お試し体験と口コミ!3歳も興奮○○がお得すぎ!
『まなびwith』は資料請求すると、無料でお試し教材を試すことができます。まなびwith幼児コースの教材をお試したので内容や感想を紹介します。まなびwithの教材は3歳児のくいつきがいいシールやDVDでの学習。 なので初めて学習する子供にピッタリです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました