食いしばりが頭痛の原因に!顎の痛みや筋肉の疲れを改善する方法教えます

家事をしない旦那イライラ ストレス

『食いしばり』を直すと、あなたを悩ませていた頭痛やあごの痛みを直すことができます!

 

あごが疲れる…。

薬を飲んでも頭痛が治らない…。

あくびをすると、痛みがひどくなりそうで怖い…。

 

そんな症状が続いてしまえば、「なにか悪い病気なんじゃ…」「このまま放っておいたら、あごの関節が削れるんじゃ…」と心配になりますよね。

 

歯医者に行っても、

「かみ合わせが悪いからですね!」

「マウスピースを入れてみましょう!」

と提案されるだけで、一向に症状は良くなりません…。

 

そこでこの記事では、原因不明の頭痛やあごの痛みを直す方法を紹介していきます!

結論から言えば、頭痛やあごの痛みは、『あごに力がかかる癖』や『歯を噛む癖』を直せば、改善する可能性があります!

 

ぜひ本文を参考にして、不快な痛みを感じないあなたに戻りましょう!

 

スポンサードリンク



あごの付け根に痛みがあるのは「かみ合わせ」が悪いから?

あごの付け根が痛い原因

あごの関節に痛みや違和感があったり、頭痛が続くなら、普段から『食いしばり』をしてないかチェックしてみましょう!

 

あごが痛くなると、わたし達はつい『かみ合わせの悪さ』を疑ってしまいますよね。

 

実際に歯医者でも、あごの痛みを訴えると

  • 噛み合わせの調整
  • 被せ物を入れる
  • 矯正治療
  • 手術

の治療をされることが多いんです。

 

歯科衛生士(なつ)
歯科衛生士(なつ)

でも…治療の甲斐むなしく、中には症状が改善しない患者さんも多いんです(汗)

 

それもそのはず!

実は、あごが痛くなる原因は『噛み合わせ』が原因だけはないからです!

 

だって『この噛み合わせになれば、絶対にあごが痛くなる!』という『悪い噛み合わせのサンプル』なんてありませんから。

 

それに一般的には『悪い噛み合わせ』でも、その人が長年使ってきた筋肉や噛み癖の結果なら、『悪い噛み合わせ』でも問題なく噛めていますよね?

 

歯科衛生士(なつ)
歯科衛生士(なつ)

つまり『かみ合わせ』や『歯並びの』問題だけが、あごが痛くなる原因とは考えにくくなっているんです!

 

あごが痛くなる5つの原因

「じゃあ、何が原因でわたしのあごは痛くなってるの?」と、あなたも疑問に感じていると思います。

 

実は、その答えは

  1. あごの関節のつくり
  2. ストレス
  3. 食いしばり
  4. 頬杖などの癖
  5. 噛み合わせ

と、いろんな要因が絡み合って原因になっている可能性があります!

 

例えば、上の5つの原因を積み木と考えてみて下さい。

 

いくつも積み木(原因)が積み上がり、その人の耐久力が限界になって積み木が崩れたときに、『あごの痛み』や『頭痛』として症状が出てくるのです。

 

もちろん、その原因や程度も人によってさまざま。

 

歯科衛生士(なつ)
歯科衛生士(なつ)

つまり、本当に『あごの痛み』や『頭痛』を改善したいなら、原因となっている積み木を1つずつおろしていく作業が必要なんですよ。

 

だから、原因となる積み木をおろす作業を飛ばして、

  • マウスピースを入れる
  • かみ合わせを調整する

治療をしても、あなたのあごの痛みはなくならないし、薬を飲んでも頭痛が直らないんです…。

 

歯医者で噛み合わせの治療をしても、あごの痛みが治らない原因

かみ合わせを治してもあごの痛みが直らない原因

あごの痛みを訴えたとき、歯医者ではあなたの『噛み合わせ』を見て、歯を削ったり詰め物をやり変えて『噛み合わせ』を直そうとします。

 

 

なつ
なつ

なぜなら、『噛み合わせ』の良し悪しは、見た目ですぐ判断できる要因だから。

もしこの治療で、あなたの違和感や頭痛などの症状が改善したら、あなたの痛みの原因は、上で紹介した積み木の『噛み合わせ』が大きな原因になっていた!ということです。

 

原因の積み木を取り除いたことで、症状が改善されたのです。

 

でも、『噛み合わせ』を直してもまだあごが痛いときは、『他の積み木』が大きな原因になっていることになります。

 

歯科衛生士(なつ)
歯科衛生士(なつ)

当然、1番大きな原因の積み木を取り除かないと、痛みの解決にはなりませんよね!

しかし、多くの歯医者では『かみ合わせの悪さ』が『あごが痛い原因』と考え治療していくため、患者さんはいつまで経っても、あごの痛みや頭痛が直らずに悩むことになるんです…(汗)

 

 

しかも、噛み合わせを直してもまだ「あごが痛い!」と患者さんに訴えられた場合、つぎに歯医者では、

  • 歯の被せ物をすすめる
  • 矯正治療をすすめる
  • 手術をすすめる

 

など、どんどん患者さんの体に負担がかかる治療をすすめてくるので、一向にあごの痛みは直らず、痛みの悪循環に陥るのです…。

 

 

原因不明のあごの痛みや頭痛の原因になる食いしばりの癖

顎が痛い人に癖

実は、あごに痛みがある患者さんのほぼ100%は、普段から無意識に歯を噛んでいます!

 

歯科衛生士(なつ)
歯科衛生士(なつ)

わたしも何百人も『あごの痛みを訴える』患者さんを診てきましたが、パーフェクトに近いほど、皆さん無意識に、歯を噛んでいました(汗)

だからもしあなたが、頭痛やあごが痛い症状に悩んでいるなら、自分が『食いしばり』をしていないか、まずチェックしてほしいんです!

 

それに

  • 噛み合わせの調整
  • 矯正治療
  • 手術

 

のような処置は、あなたの体や歯に負担がかかりますよね。

 

一方で、歯を噛む癖は『癖』を直すだけでいいので、あなたの体への負担は全くありません!

しかも、『あごの痛み』も改善する効果はかなり期待できるんですよ!

 

これはチェックしない理由はないですよね!

 

歯を噛む癖のデメリット

とは言っても、「歯を噛む癖?わたしは歯なんか噛んでないわよ?」とあなたも思ったかもしれません。

 

でも、ちょっと意識して欲しいのです。

 

『今』あなたの上下の歯は、当たっていますか?
それとも離れていますか?

 

もし歯が少しでも当たっていれば、まさに『今』あなたは『食いしばり』をしていたことになります。

 

本来、わたし達の上下の歯が当たっていいのは、

  • 食べ物を噛むとき
  • 会話のとき
  • 飲み込むとき
  • 力をいれるとき

など、一瞬だけのはず。

 

歯科衛生士(なつ)
歯科衛生士(なつ)

トータルでも1日で30分〜1時間くらいです。

 

しかし、

  • 仕事に集中しているとき
  • 何かに夢中になっているとき
  • ストレスがあるとき
  • 頬杖をついているとき

 

など、わたし達は知らない間に歯を噛んでいるんです!

 

とはいえ、あなたも「でも歯が当たってるだけでしょ?なにがそんなに悪いの?」と思ったはずです。

 

そんなあなたは、ぜひ『こめかみ』を指で触りながら、歯を噛んでみてください。

『こめかみ』の筋肉が動きますよね?

 

つまり歯が当たっている間中、顔や口の周りの筋肉は活動し続けている!ということ。

 

その結果筋肉が疲労し、噛む筋肉が活動し続けることで頭痛になったり、関節が圧迫されて、あごが痛くなる原因になっていたのです!

 

他の症状としては、

  • 口の中を見たときに、ほっぺたに白い横線がついている
  • 舌の端がデコボコになっている

 

などの症状があれば、普段から歯を噛んでいる証拠!

 

歯を噛んでいると、口の周りの筋肉が緊張し、ほっぺたが歯に押し当てられてます。

 

その結果、口の中に白い線がついたり、舌が歯に押し当てられ舌の周りに歯型がついてしまうのです(汗)

 

歯科衛生士(なつ)
歯科衛生士(なつ)

あなたもぜひ口の中をチェックしてみましょう!

 

無意識に歯を噛んでしまう理由

顎関節症になる原因

でも、そもそもなぜあなたは、歯を噛んでしまうのでしょうか?

その原因は、普段の生活にあります。

 

例えば、ストレスを抱えていると無意識に歯を噛みやすくなります。

 

他にも、パソコン作業などで長時間『同じ姿勢』で作業していると、肩に力が入ったり筋肉の疲労や精神的な疲れの原因になってしまうんですよ。

 

しかも集中しているときは、知らず知らずのうちに『歯を噛んでいる時間』も多くなってしまいます!

 

だからこそ15〜20分に1回はパソコンから目を離して体を伸ばしたり、歯を噛んでいないかもチェックをするようにしましょう。

 

また夏場は、冷房の温度が低い場所も多く、寒さを感じる女性も多いですよね。

体が冷えると筋肉は収縮し熱をつくろうとします。

 

すると自然に肩に力が入りあごの筋肉まで緊張して、長時間、歯を噛んでしまう原因になってしまいます。

歯科衛生士(なつ)
歯科衛生士(なつ)

寒すぎる冷房は、体だけでなくあごの関節や歯にも悪影響になります。夏場でも体が冷えすぎないようにしましょう。

気づいてないだけで、あなたもきっと歯を噛んでいるはず!

 

ぜひ下の記事を参考に、歯を噛む癖を直しましょう!

朝歯を噛むと顎やこめかみが痛い!原因不明の痛みを必ず解消する方法
原因が思いつかないこめかみやあごの痛みの原因は、睡眠中に歯を噛んでいる可能性が高いです。朝起きて痛みを感じるときは、寝ている間に歯を噛まないようにすれば意外と簡単に解決します。夜に歯を噛まなくなる簡単な方法を歯科衛生士が紹介します。

 

 

食いしばりで頭痛や顎が痛くなる原因まとめ

薬を飲んでも治らない頭痛や、あごの痛みの原因は『歯を噛む癖』が関係している場合がほとんどです。

 

しかも『歯を噛む癖』を直さず、噛み合わせの調整をしても、症状が良くなるどころか悪化する可能性があります…!

 

「他の歯医者で、噛み合わせが良くなればあごの痛みは直ります。と言われたのに、治療しても直らないんです…。」

と不満を抱えて転院されてきた患者さんを、わたしはこれまで何人もみてきました。

 

『噛み合わせ』を直してもまだあごが痛いときは、『他の積み木の原因』の方が大きい!ということ。

当然、1番大きな原因の積み木を取り除かないと、痛みの解決にはなりませんよね。

 

だからこそあごが痛いときは、ストレスがないか生活を見直したり、『歯を噛む癖』を直すことが大切なんですよ。

 

 

▼歯を噛む癖の直し方はこちらが分かりやすいです▼

朝歯を噛むと顎やこめかみが痛い!原因不明の痛みを必ず解消する方法
原因が思いつかないこめかみやあごの痛みの原因は、睡眠中に歯を噛んでいる可能性が高いです。朝起きて痛みを感じるときは、寝ている間に歯を噛まないようにすれば意外と簡単に解決します。夜に歯を噛まなくなる簡単な方法を歯科衛生士が紹介します。

 

 

噛むと耳の下や顎の付け根が痛い!突然の痛みを和らげる3つの対処方法
急なあごの痛みや耳の下の痛みが出た時の対処方法を紹介します。あごの痛みや違和感はいつ起こるか分かりません。急にあごに違和感や痛みが出たときは、痛いところを冷やしまだ痛いときは温める、マッサージをする3つの方法で急なあごの痛みをとりましょう。

 

 

▼人間関係の悩みは、無料で専門家に相談できる方法があります!ぜひ使ってみましょう▼

ココナラ法律相談の使い方とは?離婚やママ友いじめも無料で弁護士に質問できる!
ココナラ法律相談で・弁護士に無料で相談する方法・自分に合った弁護士を探す方法を紹介します。ココナラ法律相談をつかえば夫婦関係やママ友からのイジメなど無料で専門家に相談することができます!スマホさえあれば簡単に相談できるのでぜひチェックしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました