ひらがなの練習はいつから?早く文字が読める書ける子供にするには〇〇をするだけ!

数や文字を覚える
『あの子、3歳でもうひらがなが書けるみたい』
『うちの子はまだひらがなも読めないのに、どうすればいいの?』

こんな悩みを抱えていませんか?

 

なつ
なつ

同じくらいの年齢の子が、ひらがなを書けたり読めたりすると焦りますよね…。

結論から言えば、4つの遊びを続ければ自然とひらがなが読める・書ける子になってくれます!

 

逆に、『あ・い・う・え・お』と言葉や知識だけ教えてもなかなか覚えてくれません。

なぜなら3歳など今の時期は、知識より『知識が入るうつわ』を大きくすべき!と言われているからです。

 

子供の脳はどんどん成長しています。

だから知識だけ入れても、肝心の考える力が育たないと、応用力のない子に育ってしまうんですよ…。

 

ここでは3歳の娘に実践している、『ひらがなに興味をもった方法』や『遊び』を紹介します!

 

なつ
なつ

どれも簡単で楽しい遊びなので、ぜひ参考になさってくださいね!

 

▼なお数字を楽しく覚えられる方法は、こちらが参考になります▼

数字は何歳から始める?1歳2歳3歳の数字の覚え方のコツは○○を徹底的にやりこむ事!
1歳、2歳、3歳別の数字の覚え方や勉強の方法について紹介します。数字だけを覚えるのではなく、実際に数が増えたり減ったりする様子を見せてイメージしやすい環境をつくってあげると数字の意味が分かるようになります。具体的な覚え方の方法を紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク



ひらがなの練習はいつから子供と始める?

ひらがなはいつから教える?

実は幼児期に獲得した言葉の量とその子供の能力は、比例すると言われています!

 

実際に算数なども、言葉をたくさんインプットした子のほうが良くとできることは、実証されているんですよ。

 

なつ
なつ

わたしたちは考えるとき、必ず『言葉』をつかいますよね!

たくさん言葉を知るほど、表現が豊かになったり考える力や生きる力がつきます!

 

でも知識を詰め込むだけでは、考える力もつきませんし『知識が入るうつわ』も大きくなりませんよね…。

 

しかも考える力がないと、応用力のない子に育ってしまいます。

 

なつ
なつ

だからこそ今の時期は、子供がひらがなに興味をもてる環境をつくることを優先してほしいんです。

 

ひらがなを教えるタイミング

ひらがなを教えるタイミングは、子供が興味をもったとき。

 

しかも6歳まで子供は『ひらがな』を文字ではなく『絵』としてみていると言われています。

 

なつ
なつ

だから興味もないのに、無理に覚えさせようとしてもダメなんですね…。

実はわたしは以前、公文の体験学習に娘を連れていったことがあるんです。

でも文字と絵を見て淡々と覚えていくやり方では、娘は興味を持ちませんでした。

公文無料体験学習の感想レビュー!何回も勧誘される?3歳の教材や効果は?
3歳児と行ったくもん無料体験学習の感想やレビユー体験を紹介します。公文の月謝や授業の内容、勧誘はあるのか?体験学習の流れを紹介しています。また4回公文の無料体験学習をして感じたメリットやデメリットについて正直に紹介しています。

 

逆に、大好きな絵本の中の文字には興味があるようなので、今は絵本の中でひらがなを覚えている状態です。

 

子供って、興味を持ったものなら、

『これはなんて読むの?』

『どう書くの?』

と一気にくいついてきますよね!

 

興味をもった瞬間にこれは『アリって書いてるのよ』と教えた方が、吸収率がグンっと伸びるんです♪

 

 

3歳からできる!ひらがなの覚えさせ方

ひらがなの覚えさせ方

幼児教育の本や広告をみていると、

『うちの子は3歳でひらがなが書けました!』

『漢字が書けます!』

と過大に宣伝しています。

 

そんな情報に触れるたび、『うちの子はまだ読むこともできないのに…』と焦ってしまいますよね。

 

でもね。

焦る必要なんてないんです。

まずは落ち着いて、『ひらがな』の読み方を教えていきましょう♪

なつ
なつ

大人だって、読めないものは書けませんよね…。

それに子供は、好奇心の塊。

文字に興味を持ったら、一気にくいついてきます♪

ひらがなを覚える第一条件は、『読めると楽しい♪』と子供に思ってもらうことです!

 

だからわたしは、机に向かうのではなく、

①目に入ったひらがなを読む
②絵本をたくさん読む
③パズルをする
④カルタをする

の4つの遊びをしながら、言葉やひらがなに触れる機会を増やしました♪

 

なつ
なつ

ぜひ言葉の貯金箱をいっぱいにして、『知識が入るうつわ』を大きくしてあげましょう。

ひらがなの覚えさせ方①目に入ったひらがなを読む

文字を覚えさせようと無理に机に向かわせても、たいていの場合うまくいきません。

それに『文字が読めるようになると楽しい♪』という前向きな気持ちにならないと、子供だって楽しくありませんよね。

 

そんなときは、外にでましょう!

 

お散歩や買い物中には、言葉がたくさん落ちていますよね。

ぜひ目についた言葉を、つぎつぎに読んであげるんです!

なつ
なつ

この言葉は難しいかな…なんて考えなくてOKです♪

漢字ばかりで難しいかな…と大人が思っていても、何度か目にしていくうちに自然と読めるようになってきますから♪

 

なつ
なつ

うちの子はラーメン屋さんの『半額』という文字を、散歩中に覚えてしまいましたから(笑)

 

とくに動物園なんかは、動物とセットで『らいおん』『きりん』と案内板を見れるのでいいですよ♪

 

無理をすると、勉強嫌いになってしまいます。

 

なつ
なつ

だから『おもしろい!』『もっと知りたい!』と思えるやり方で、文字に親しむ環境をつくってみましょう♪

 

ひらがなの覚えさせ方②絵本をたくさん読む

絵本の読み聞かせは、言葉の能力を左右するほど大切だと言われています。

 

とくに幼児期の読み聞かせは、聞くことはもちろん想像力や考える力を育てます。

なつ
なつ

もちろん最初は、わけが分からず聞いていると思います。

でも毎日読み聞かせをしていると、物語の内容が理解できるようになるし、文字にも興味を持ち始めます!

 

ぜひお気に入りの本は、何度も読んであげましょう。

さらに絵を見ながら説明してあげると、新しい知識や言葉がどんどん増えていきますから。

 

なつ
なつ

わたしは3年間で1万冊読み聞かせをしてきました。

最近は読み聞かせをするとき、文字を指でおいながら読んでいます。

その効果か、娘も文字を覚えるのが早くなった気がするんです♪

 

読み聞かせ効果が大なしになる悪習慣3つ!子供を絵本好きにするコツはたった5つ!
絵本の読み聞かせの効果はあるのかないのか!3年間毎日読み聞かせを続けて感じた効果と、読み聞かせを習慣にする工夫を5つ紹介します。1日5分でも絵本の読み聞かせを続けていくと、子供は本を読むことが苦にならなくなってくれますよ。

 

3歳児におすすめの絵本は、こちら↓から♪

3歳の絵本の選び方!しかけが面白い人気絵本からベストセラーまで紹介!
3歳児の絵本の選び方やおすすめの絵本やおもしろいしかけ絵本を紹介します。3歳児は『やってみたい!知りたい!』と好奇心のかたまり。なので料理など絵本の中で知ったことを実際に体験させてあげると、とっても喜んでくれますよ。

 

ひらがなの覚えさせ方③パズルをする

アンパンマンなどキャラクターが好きなら、『ひらがなパズル』もおすすめです。

ただアンパンマンパズルの台紙には、ひらがなは書かれていません。

 

なのでわたしは、マジックで台紙にひらがなを書いて、同じ文字を探すようにうながしています。

 

このパズルは2歳のときに購入したのですが、3歳になった今のほうが、何度も遊ぶようになりました。

なつ
なつ

なんでも置いておけば、ハマるときがくるようです(笑)

 

ひらがなの覚えさせ方④カルタをする

カルタは娘の最近の流行りです。

 

とくに同じくらいの年齢の子が集まったとき、みんなでカルタをさせると、夢中になってカルタを取り合っていますよ♪

なつ
なつ

わたしも本気で勝負するので、娘を泣かすこともよくあります(笑)

ノンタンかるた

ノンタンが好きなら、ノンタンカルタは喜びます♪

絵本の中のシーンから絵や言葉が出てくるので、初めてのカルタでも遊びやすくなっています♪

 

ぐりとぐらかるた

『ぐりとぐら』も簡単な内容なので、遊びやすいカルタになっています。

 

なつ
なつ

娘はカルタをするとき、とても集中しています。

友達と遊ぶときも『負けたくない!』という気持ちが強く、身をのり出して遊んでいるので、カルタは集中力もつく遊びだな…と感じています♪

 

ひらがなを覚えさせるときの4つの注意点

ひらがなを覚えさせる時の注意点

ひらがなを覚えさせるときの注意点は、

①正しい言葉を聞かせる
②単語で話さない
③文字だけを覚えさせない
④筆圧の強い鉛筆をつかう

の4つです。

 

正しい言葉を聞かせる

『幼児期』にインプットされた言葉は、その後の人生の基礎になる!と言われています。

だからこそ、正しい言葉づかいや知識を入れてあげたいですよね。

 

実は言葉が分からない赤ちゃんでも、親が汚い言葉をつかうと、その言葉が刷り込まれてしまいます。

 

なつ
なつ

ぜひ正しい言葉や丁寧な言葉で話しかけて、たくさん言葉を覚えてもらいましょう。

 

単語で話さない

言葉は、主語と述語が組み合わさって成り立ちます。

 

もちろん親なら、子供の『お茶』という単語だけで、『あぁ、喉がかわいたのね』と分かりますよね。

でも文章にして言えない子は、順序だててものごとを考えられない子になってしまいます。

 

なつ
なつ

だから我が家では『お茶』と子供が言ったときでも、『お茶ください』と言い直させています。

またチューリップを見ても『赤いチューリップ、綺麗だね』など、文章や感じたことも伝えるようにしています。

 

ほかにも『早く!』と一言でせかしたくなるときもありますが、『もう出かける時間だから急いでね!』と文で言うように心がけています。

 

なつ
なつ

つい『早く!』『ダメ!』『ちょっとまって!』と、言ってしまうときもありますけどね…(汗)

 

文字だけを覚えさせない

ひらがなを覚えさせるとき、たとえば『あお』という言葉を、

  • あめの『あ』
  • おおかみの『お』

など子供が知っている動物や言葉の名前をセットにして、覚えさせたくなりますよね。

 

なつ
なつ

でもこの方法、あまり良くないんです。

本当は『あお』とストレートに覚えられるのに、

  • あめの『あ』
  • おおかみの『お』

と言われると、子供は頭のなかに『あめ』と『おおかみ』をイメージしてしまいます。

 

そのイメージを払いのけてから『あお』のイメージを結び付けなくてはいけないので、こんがらがってしまうんです。

 

そのため文字と絵を見せ、声で音も聞かせて覚えさせるようにしましょう♪

 

筆圧の強い鉛筆をつかう

文字を書くときは、筆圧も意識してみましょう!

 

指先は脳につながっています。

そのため筆圧が弱いと、脳が刺激されないんです。

 

なつ
なつ

わたしも、娘の筆圧が弱いことが気になっていたんです。

でも、『くもんの鉛筆』を使うようになってから、線が力強くなってきましたよ。

 

細い鉛筆では、小さな手でしっかり持てませんよね。

絵や文字を強く書けるように、筆圧も意識してみましょう。

なつ
なつ

ちなみに、くもんで使っていたえんぴつはこちら↓です。

公文無料体験学習の感想

なつ
なつ

鉛筆は太くて三角形タイプなので、小さな手でもしっかり持てます。

濃さも6Bを渡されたので、線も太くはっきり書けますよ♪

くもんこどもえんぴつ

くもんのこどもえんぴつけずり

太い鉛筆なので、専用のえんぴつ削りが必要です。

はじめてのひらがな

なつ
なつ
なお、国語の勉強には『はじめてのひらがな』がいいと思います。
  • ジグザグの線の練習で『そ』が書けるようになる
  • くるくるの線の練習で『る』が書けるようになる
など、楽しみながらひらがなを書けるようになりますから。
1ページのサイズも大きく、カラーで絵もたくさんありますよ。
なつ
なつ

シールもあるので子供も楽しんで取り組めますね♪

ひらがなの覚えさせ方まとめ

ひらがなを教えるタイミングは、子供が興味をもったとき。

 

それまでは、絵本を読んだり、目についたひらがなを読んであげながら、興味をもたせてみましょう。

 

子供の脳はどんどん成長しています。

でも知識だけ入れて肝心の考える力が育たないと、応用力のない子になってしまいます

 

だからこそ、ひらがなを覚えることを目標とするんじゃなく、遊びの中でひらがなも自然に覚えられるように一緒に進めていきましょう♪

 

なお幼児教材を試したいときは、『まなびwith』がリーズナブルで余計な付録もなくおすすめです!

 

なつ
なつ

無料で資料請求できるので、中身を体験してみましょう!

\無料資料請求はこちらから/

【無料】まなびwithで資料請求してみる!

まなびwith幼児コース無料お試し体験と口コミ!3歳も興奮○○がお得すぎ!
『まなびwith』は資料請求すると、無料でお試し教材を試すことができます。まなびwith幼児コースの教材をお試したので内容や感想を紹介します。まなびwithの教材は3歳児のくいつきがいいシールやDVDでの学習。 なので初めて学習する子供にピッタリです。

はじめてのひらがな教材

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました