はさみの練習は何歳から?いつから?3歳で上手になった6つの秘訣!

はさみの使い方と教え方 手先を使う遊び
ハサミっていつから練習すればいいの?
ハサミの使い方ってどう教えればいいの?

という疑問に、3歳でハサミをマスターさせた経験からお答えします^^

 

大人がハサミをつかっていると、子供も『貸して〜!』と興味を持ち始めます。

でも、ハサミを子供に渡すときって

『危なくないかな…』『ケガしないかな…』

とドキドキしますよね。

 

なつ
なつ

うちの娘は2歳ごろからハサミに興味をもったため、練習を始めました♪

最初は危なっかしかったですが『ねんど』をつかったり、リズムをとるなど、いろいろ工夫したんです。

 

すると3歳になった今では、一人で上手に紙を切れるように^^

 

この記事では、

  • ハサミを練習する時期
  • おすすめのハサミ
  • ハサミの練習方法

について紹介します!

 

楽しくハサミがつかえるようにわたしが工夫した『6つのコツ』を紹介するので、ぜひ参考になさってくださいね♪

 

 

スポンサードリンク



はさみの練習は何歳から?いつから始める?安全に使わせる方法

はさみの練習はいつから始める?

ハサミの練習は、子供が興味を示してから始めましょう!

 

ただ平均すると、2〜3歳ごろにハサミの練習する子が多かったです。

 

なつ
なつ

幼稚園でつかう前に、家でもハサミに慣れさせようとする家庭が多いようですね!

 

とはいえ『小さい子にハサミは危険では?』と、心配になりますよね…。

 

でも言葉が理解できる年齢なら、つかい方や危険をしっかり教えれば、きちんとルールを守ってつかえるようになりますよ^^

 

わたしの場合は、

 

『これは紙を切る道具!よく切れるから気をつけてつかってね!』

『振り回したり、人に向けないでね!』

と何度も教えてから、目の前で紙をスパッと切って見せていました。

 

なつ
なつ

最初に子供に『ハサミはよく切れるもの!』という意識をもたせることが大切なんです。

 

子供用のおすすめのはさみと選び方(右利き用と左利き用)

『子供に渡すハサミって、どれでもいいんじゃない?』なんて思いますよね。

 

だから我が家も最初、100均のハサミをつかわせていたんです。

 

でも2歳児の手には大きいし、うまくつかうことができなかったんですよね…。

 

 

なつ
なつ

なにより危なっかしい…。

 

『これは危険だ!』と思ったので、子供用のハサミを探すことに!

 

なつ
なつ

でも子供用なら、どれでも良いわけではありませんでした…。

 

実は子供用のハサミの中には、安全のためか留め具のところが弱く、2つの刃が噛み合わないものもあったんです。

 

これでは紙を切ろうとしても、はさみの間で紙がグニュっとなって、よく切れませんよね…。

 

だからこそ子供用のハサミを選ぶときは、

  • 刃先がまっすぐ
  • しっかり切れる
  • 先がカバーされているもの

の3つのポイントで選んであげてほしいんです!

 

専用ハサミかみきりくん

初めてのハサミなら、『かみくりくん』がおすすめです♪

 

『かみきりくん』はしっかり切れるけど、刃先がガードされているので安全につかえるハサミです。

 

しかも手を入れる穴のサイズが同じなので、右利きでも左利きでもつかえるんですよ♪

 

なつ
なつ

子供って、まだどっちが利き手か分かりにくいですよね。

 

利き手が分からないときこそ、『両利き用』を用意してあげると良いですよ♪

 

なつ
なつ

うちの子もお箸は左、絵を書くときは右。

まだどっち利きか分からないので『両利き用』を選びました!

 

なお『かみきりくん』のイラストは、
『くま』と『うさぎ』から選べるので、お気に入りをつかわせてあげると喜びますよ♪

 

初めてのはさみの練習方法と6つの教え方

はさみの練習方法や教え方

ハサミのつかい方を教えるポイントは、

①たててつかう
②紙を反対の手でしっかり持つ
③紙を動かして切る
④ねんどを切らせる
⑤リズムをつける
⑥ほめまくる

の6つです♪

 

はさみの練習①たててつかう

実はうちの子、ハサミを『寝かせた状態』で使おうとしてたんですよね。

 

なつ
なつ

とうぜん角度が悪いので、うまく切れません…。

 

うまく切れない

怒る

を繰り返していたんです(汗)

 

そのため何度もお手本を見せ、『立ててつかおうね!』と声をかけながら、一緒に手を持って練習しました!

 

その結果、3日もしないうちに立てて使えるようになりました^^

 

はさみの練習②紙を反対の手でしっかり持つ

ハサミをつかうときは、反対の手で紙をもたせましょう。

なつ
なつ

我が子は最初、両手でハサミを持って切ろうとしてたんです…。

でも紙をもってないと、グシャっとなってうまく切れません。

 

なので、反対の手で紙を押さえるように何度も教えました。

 

はさみの練習③紙を動かして切る

実はハサミって、ハサミを動かすより、紙を動かした方が切りやすくなるんです。

 

なつ
なつ

紙切り芸を見ても、ハサミは動かず紙だけ動いていますよね!

 

とはいえこの感覚、最初は我が子に伝わりませんできた。

なので、一緒に手をもって何度も練習しました。

 

紙を動かしながら切れるようになれば、ハサミの技術がグッとアップしますよ♪

 

はさみの練習④ねんどを切らせる

薄い紙を切ることって、実はかなり難しいんです。

 

もし何度やってもうまく切れないときや、危なっかしいしときは、ねんどを切らせてみましょう。

 

実はねんどを切ると、紙より切った感覚がより分かりやすいんです!

 

ねんどを細い棒状にのばし、ハサミで子供に切らせましょう。

 

サクッと手応えを感じながら切れるので、子供も喜んで切ってくれますよ♪

 

なつ
なつ

最初は子供の手をもって、一緒に何度か切ってあげましょう^^

 

慣れたり1人でやりたいと言ったら、自分で切らせてみましょう。

 

ねんどもカラフルなものをつかうと、楽しんで切ってくれますよ♪

 

なつ
なつ

ただねんどを切ったあとは、ハサミをよく洗って水分を拭き取ってくださいね!

 

ねんどがうまく切れるようになったら、紙で練習しましょう。

 

紙はなんでもいいのですが、できれば薄いものより厚みのある方が切りやすいですよ。

 

カレンダーや画用紙ように、しっかりした紙を用意してあげましょう♪

 

はさみの練習⑤リズムをつける

ハサミをつかうとき、リズムをつけてあげると良かったです♪

 

なつ
なつ

子供って、音をつけてあげるとその動作が上手にできるようになるんです♪

 

たとえば『うずまき』を書くときも『グルグルグル〜♪』と声を出しながら書くと、うまく書けますよね!

 

だからハサミも、音でリズムをつけながら切らせてみましょう!

 

 

なつ
なつ

わたしは『パー・チョキ』と言いながら切らせていましたよ♪

  • 『パー』ではさみを開く
  • そして『チョキ』で切る

ようにリズムをとるんです^^

 

すると『パーチョキ・パーチョキ♪』と、リズムよく切れるようになってきましたよ♪

 

はさみの練習⑥できたら褒めまくる

紙をじょうずに切れたら、

『できたね!』

『上手!』

とたくさんほめました。

 

ほめまくると気分も上がって、何十分も集中して切るようになりました♪

 

はさみで頭を使う遊びに挑戦!

ハサミに慣れてきたら、もう少し難しい形や頭をつかう遊びを取り入れていきましょう♪

 

曲線を切る

まっすぐ切ることに慣れてきたら、曲線が切れるように練習してみましょう。

 

『円』を紙に書いてあげて、その線を切っていきます。

 

なつ
なつ

『うずまき』を切るのもおすすめです♪

 

ちなみに『うずまき』は、線と線の間を大きくとって太い線で書いてあげましょう。

 

なつ
なつ

切り終わった紙を『ヘビができた〜!』と見せると、『キャーキャー』言いながら喜んでくれますよ(笑)

 

『うずまき』や『円』が切れるようになれば、ハサミのつかい方もかなり上手になっています♪

 

なお、『円』や『うずまき』を切るときも、ハサミではなく紙の方を動かすように教えてあげましょう^^

 

なつ
なつ

紙のほうを動かさないと、切り口が汚くなってしまいますから。

 

切ったものを比べてみる

子供が切った紙を並べて、

『どれが1番長いかな?』
『どれが大きいかな?』

と聞いてみると、比較ができるようになります。

 

なつ
なつ

自分で切った紙なので興味深々です♪

また切った『丸』を半分に切る。

4つに切って、また丸にあわせるなどの遊びもおすすめです^^

 

複雑な形に挑戦する

丸が切れるようになったら、三角も切ってみましょう。

 

自分で描いた三角形を切れば、『3つの角だから三角形だ』と自然に形が分かってきます!

 

なつ
なつ

ほかには、ドリルをつかうのもおすすめです♪

はじめてのはさみ

『はじめてのはさみ』なら、まっすぐな線は野菜たち、ぐるぐるの線はかたつむりと、イラストに合わせて切っていけます。

 

できたあとはシールを貼れるので、楽しくハサミ遊びができますよ♪

 

はじめてのきりえ

切ったものを貼って工作するのも楽しいです♪

『はじめてのきりえ』は、自分で切った動物の顔をのりで張り合わせるなど、工作できるドリルです。

張り合わせると、いろんな顔になるため、楽しく工作できる1冊になっていますよ♪

 

 

はさみの練習は何歳から?使い方・教え方まとめ

ハサミは子供が興味を持ったら持たせてみましょう!

 

最初はヒヤヒヤしますが、

  • 子供用のハサミをつかう
  • きちんとつかい方を教える

ことで、少しずつうまくなっていきますから♪

 

なつ
なつ

気づけば、紙吹雪のような作品がたくさんできますけどね…(汗)

 

もし紙が切りにくいときは、ねんどで『切る感覚』をつかんでから、紙に挑戦させてみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました