【30代ママのアイメイク】時短でも上品で大人可愛い女性になるマル秘テクニック

女磨き

アイメイクは、年齢に応じて変えたほうが品がある女性に見えます!

あなたも、学生時代のような濃いアイメイクのまま、公園や幼稚園の送迎に行っていませんか?

20代なら、濃いアイメイクの方が可愛いかもしれません。

でも、30代になると濃いアイメイクでは、ケバくなったり、似合ってないメイクになってしまうんです。

 

自分では『これでバッチリ!!』と思っていても、周りからは「あの人のメイク、かなりイタイな…」「なんか顔が浮いてる…」と思われている可能性があるんですよ。

これ、自分だったらけっこう恥ずかしいですよね…。

 

そこでこの記事では、あなたの目元を『美しい大人の目元』に変身させるメイク方法をご紹介します!

なつ
なつ

じつはわたし、メイクがうまくなりたい一心で、働きながらメイク学校に通った経験があるんです。

その経験を活かし『大人の上品な目元になる方法』について、図を交えながら紹介していきますね!

 

 

『目印』さえつければ、大人の美しい眉が簡単に描けますよ♪▼

眉毛を下げたい!眉毛の角度がきつい上がり眉からふんわり眉毛になる方法
眉毛を下げたい!眉毛の角度がきつい上がり眉からふんわり眉毛になりたいなら、眉の描き方を変えましょう!眉の描き方は基本となる場所に目印をつけて描いていけば、バランスのとれた眉を描くことができます。失敗しにくい眉の描き方やペンシルやパウダーの選び方を紹介します。

 

 

スポンサードリンク



アイメイクが不自然に見える3つの理由

30代のアイメイク方法

メイク方法を知っていれば、キレイな顔は自分で簡単につくれます!

でもアイメイクって、自分なりのこだわりがありますよね。

だからママになっても、濃いメイクの女性が多いんです。

 

でも、環境によってメイク方法も変えていかないと、不自然なメイクに見えたり、痛いメイクに見られてしまいます。

 

だからこそ『自己流メイク』を卒業し、あなたも「○○さんって、いつも綺麗ですね!」と言われる側の女性になりましょうよ!

 

そのためにも、アイメイクが不自然にみえる理由を知っておきましょう!

コンシーラーやファンデーションを何度も塗ってしまう

皮膚が薄い目の下は、クマが目立つこともよくありますよね。

そんなとき、クマを消そうとコンシーラーやファンデーションを何度も重ねて塗ってしまうと、目元のシワが目立ったり、乾燥する原因になってしまいます。

 

クマをカバーすると健康的な印象になりますが、綺麗に仕上げるためにもコンシーラーの量や塗り方にはとくに注意しましょう。

 

クマは、色の種類によってコンシーラーの選び方を変えることも大切です。

 

例えば、青いクマが強い人は顔全体が青っぽく見えます。

そのため、『赤み』をいれると血色が良くなりますから『オレンジ系』や『ピンク系』のあるコンシーラーを選ぶようにするとキレイにカバーできるんですよ。

 

また茶色いクマが強い人は、『イエロー系』のコンシーラーを選びましょう。

黒いクマは、肌のたるみによる影が原因になっているので、隠すよりも、パール系のコンシーラーで光を足してあげると綺麗に仕上がりますから。

 

コンシーラーは塗り方や量に気をつけるだけで、仕上がりに大きく影響します。

なつ
なつ

ぜひなじます程度に量をとって、指でぼかして肌になじませ目元に明るさを出しましょう!

 

▼コンシーラーのカラーは種類があります!あなたのクマに合った色味を選びましょう▼

 

 

バサバサなまつげ

目を大きくしようとバサバサになるまでマスカラをつけると、まつ毛同士がくっつき『残念なアイメイク』になってしまいます。

 

大人の目元になるには、まつ毛1本1本に丁寧にマスカラをつけ、ダマにならないようにしましょう。

なお、後で紹介しているマスカラのつけ方を実践すると、まつ毛のカールのもちが良くなりますよ♪

 

アイラインを跳ねて描く

目を大きく見せようと、黒のアイライナーで目の周りを囲い、目尻を跳ね上げるメイク。

やりすぎると、逆に目を小さく見せてしまいます。

 

アイラインを引くときは、あとで紹介する方法のように、まつげの間をうめるように描くと、目をさりげなく強調した綺麗な目元がつくれるようになりますよ♪

 

 

濃くなりすぎない美しい目元になるアイメイク方法

ボリュームのある目元にする方法

美しい大人の目元にするには、色使いも大切です。

アイシャドウの発色を良くし、メイク崩れを防ぐためにも、ベースメイクはきちんとおこないましょう。

目元まできちんとベースメイクすると、夕方になってもメイク崩れしにくい目元になりますから♪

なつ
なつ

パンダ目を防げるんです♪

ファンデーションがまだらにならない!時短メイクでも立体感が出るつけ方!
ファンデーションがまだらにならないつけ方や塗り方を紹介します!リキッドファンデーションは顔に伸ばすだけだと綺麗に発色しません。薄付きのファンデーションだけでも立体感を出し、メイク崩れしにくくなるテクニックを紹介します。

 

アイシャドウの選び方

大人の落ち着いた女性の目元にするには、アイシャドウの色選びも大切です。

 

派手なラメやカラーの入ったものではなく、粒子の細かいパールやゴールド系のアイシャドウが、肌に馴染みやすく失敗しにくい色なので、普段使いにおすすめです。

 

でもアイシャドウって、まぶたのどの部分までつければいいのか迷ってしまいますよね。

なつ
なつ

そんなときは、眉毛の下からまぶたを指で触ってみれば分かります!

目の上に「骨」がありますよね。

つまり、この骨の下までアイシャドウを入れるようにすればいいのです。

 

ぜひ骨がある図の線↓まで、中心から「ふわっ!」と放射線状にアイシャドウ広げていきましょう。

中心から外に向かうほど、色味をぼかしていくと、仕上がりも綺麗です♪

 

アイシャドウはパレットに入っている小さなチップでつけると、ムラになったりつけすぎてしまいます。

 

アイシャドウは『中指』にとって、まぶたの中心から左右にふわっと広げていくとムラなく綺麗に発色しますよ。

 

アイラインの引き方

アイラインはただ目の上にのせるだけでなく、まつ毛の間を丁寧に埋めるようにのせていきましょう。

アイラインを入れると、グッと目元が引きしまります!

とはいえリキッドタイプのものは、慣れてないとラインがガタガタになりやすいですよね。

しかも、乾かないうちにまばたきをすると、まぶたにリキッドがついてしまうこともよくあります…。

なつ
なつ

そうなれば、直すのも大変ですし、せっかくつけたアイシャドウも取れてしまいます…(汗)

そんなときはペンシルタイプをつかうと、綺麗にアイラインが引けるのでおすすめです!

ペンシルで描いた後は、中指でかるくぼかして肌になじませると、にじみにくくなりメイク崩れもしにくくなりますから♪

 

ペンシルタイプは描き心地がよく、芯が柔らかいものを選びましょう。

滑らかにアイラインを引くことができるので、ぜひ使ってみてくださいね♪

 

 

マスカラのつけ方

最後にマスカラをつけましょう!

まずビューラで、まつ毛をカールさせます。

怖がらず、まつ毛の根元までビューラーではさんでから少しずつ力を抜いていくと、綺麗にカールさせることができますよ。

 

まつ毛が上がったら、マスカラを縦にして全体に絡めていきましょう!

その後、横にしてマスカラをまつ毛になじませていきます。

 

このとき、あなたもきっとマスカラを『下から上方向』で、まつ毛につけていると思います。

なつ
なつ

でも実はそのつけ方、もったいないマスカラのつけ方だったんです!

 

マスカラは粘度が高い液状の化粧品ですよね。

つまり乾燥すれば、マスカラに含まれていた水分が飛んで縮む性質があるのです。

 

ということは、マスカラを下から上につける方法では、マスカラが乾燥すると、まつげが下がりやすくカールが取れやすくなる!ということ。

 

おすすめの付け方は、マスカラのブラシをまつ毛の上から巻き込むようにすること。

まつ毛の上にマスカラをのせ、上にカールさせて持ち上げてみましょう。

こうするとマスカラが乾燥しても、カールがとれず夕方になっても美しい目元のまま過ごせますから♪

 

まつげに自信のないときのお助け方法

アラサーのおすすめアイメイク方法

いくらマスカラをたっぷりつけても、まつ毛に元気がないと綺麗な目元をつくるのは難しいですよね。

まつ毛に自信がない方は、つけまつ毛を使う方法もあります。

 

でもつけまつ毛って、慣れてないと綺麗につけることも難しいし、ノリ付けがきちんとできてないと、はがれてしますよね。

 

わたしも整体の施術中につけまつ毛がはがれて、変な目元のままお会計を済ませた経験があります…。

なつ
なつ

今思い出すだけでも恥ずかしい思い出です…(汗)

もしわたしのように外出中にそんな目元になれば、恥ずかしいのはもちろん、すぐに直せるともかぎりません!

 

これって、慣れてない方にとってはかなりデンジャラスなことですよね(汗)

しかもつけまつ毛は、つけ方を間違えると、せっかくメイクをしても違和感のある目元になります。

 

その結果『ブサイクまつ毛』になったり、『ムカデまつ毛』になってしまうんです。

 

さらにつけまつ毛を外すときも、そのまま引っ張って外すとまぶたがかなり痛く、自分のまつ毛まで抜けてしまう原因に…。

なつ
なつ

つけまつ毛を外すときは、決して引っ張ってはいけません!

面倒でもお湯を含ませたコットンを目に当てて、優しく取らなくてはいけないため、つけまつ毛は何かと時間がかかるメイクなのです。

 

まつげ美容液でまつげケアをはじめよう!

くっきりした目元にしたいけど、「つけまつ毛は、うまくつけられない…」「エクステするのもちょっと…」と思いますよね。

 

そんなときは、手軽にまつ毛を元気にする『まつげ美容液成分』が入ったマスカラをつかってみましょう。

 

なつ
なつ

メイクをしながら、まつ毛ケアをしてあげるんです♪

ビューティーラッシュマスカラなら、ボリュームがあってもダマにもなりにくいので、下まつ毛にも綺麗につけることができます。

 

ボリュームがあっても違和感ない目元になるのはもちろん、アメリカTPI社の 機能性ミリストイルペンタペプチド という『男性の毛髪用』としても期待されている成分も入っています。

だからまつ毛をいたわりながら、メイクすることができるんですよ♪

 

「まつ毛に元気がない…」「でもつけまつ毛やエクステまではちょっと…」というときは、まつ毛美容液の入ったマスカラでメイクをしながら、まつ毛を育てましょう!

 

▼あなたの目元を大人の女性の魅力にする▼

 

 

 

一重のアイメイク

一重アイメイク方法

一重の方は、アイラインをひいても目を開けると隠れてしまいますよね。

 

そんなときは、ペンシルで少し太めのペンシルで目尻を少し長めにスッとラインを描いてあげると、綺麗な目元になりますよ♪

 

さらに下まぶたにも、黒目の下にアイラインを入れてあげると、目元がよりぱっちりとします。

 

最後にビューラーでまつ毛をしっかり上げてマスカラをのせ、下まつげにもしっかりマスカラをのせると、綺麗な目元が完成しますよ!

 

大人の女性のアイメイク方法まとめ

自己流のアイメイクのままでは、『似合ってないアイメイク』になっている可能性があります。

 

メイク方法も学生時代のやり方から少しずつ変えていかないと、どうしても違和感のある顔になってしまうんです。

 

メイクしたその顔は、あなたが理想としていた顔ですか?

綺麗な大人の女性は、アイメイクがうまいです!

 

あなたも学生時代のように『盛るメイク』は卒業して、必要な部分にだけメイクをするシンプルな方法に変えてみませんか?

なつ
なつ

メイク方法を使い分けられるようになれば、品のあるママの顔になれますから♪

もし「まつ毛に元気がない…」「でもつけまつ毛やエクステまではちょっと…」というときは、まつ毛美容液の入ったマスカラをつかってみましょう。

メイクをしながらまつ毛を育てることができるので、魅力的な大人の目元がつくれますよ♪

大人のアイメイクをやるかやらないかで、周りのママ友とに差がつきまス!

あなたもぜひ♪

 

▼あなたの目元を大人の女性の魅力にする!▼

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました